昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“おバカタレント”でも「勉強が楽しくなっちゃって…」「幼稚園で号泣しちゃいました」 つるの剛士が46歳で幼稚園教諭免許を取得した理由

つるの剛士さんインタビュー #1

「タレントで文春に自ら飛び込んでくる人いないでしょ!? なんかドキドキしますね。僕、悪いこと何もしてないので(笑)」

 笑顔で取材に応じるのは、俳優、タレント、歌手などマルチに活躍する、つるの剛士さん(46)。1997年「ウルトラマンダイナ」のアスカ隊員役を好演し、2008年にはバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴン」でユニット“羞恥心”を結成しブレイク。私生活では2男3女を育てる父親でもある。

 そんなつるのさんは、今年3月12日にSNSで短期大学卒業と幼稚園教諭二種免許を取得したことを報告。なぜ当時44歳にして短期大学入学と保育士資格取得を目指したのか、コロナ禍での学生生活や思い出の授業についてなど話を聞いた。(全2回の1回目/続きを読む

3月12日に短大を卒業したつるの剛士さん(つるの剛士Instagram)

◆◆◆

短大に通わず、独学で保育士の資格を取得しようとしたら…

――短大のご卒業と幼稚園教諭二種免許の取得、おめでとうございます。

つるの ありがとうございます。アラフィフにして卒業式を迎えられて嬉しかったです。最終学歴が高卒だったのが、“短大卒”になるのはとっても感慨深いですね。今までキャンパスライフなんてしたことがなかったし、学位記ももらったことがなかったので、手にした時は本当に重みを感じて。

――たくさんの方からお祝いメッセージが届いたんじゃないですか?

つるの そうですね。僕は地味に学校に通っていたので、「えー、短大に通ってたんですか!?」とかみなさんに言っていただいて。本当にありがたいです。

――つるのさんは2020年4月から通信制の短期大学に通い始めました。当時44歳にしてなぜ短大を目指したのでしょうか。

つるの 3年前に芸能生活25周年を迎えて、これまでの自分の芸能生活を振り返った時に、子供に携わるお仕事をたくさんさせていただいたなと思ったんですね。例えば、「ウルトラマンダイナ」(TBS系)だったり、「すくすく子育て」(NHK)という育児番組では司会を務めさせていただいたり。それに僕は実際に5人の子供を育てている親で、育児休業を取らせていただいたこともありました。

 人生100年時代っていわれていますし、別に芸能界だけにこだわる必要もないと思うんですよね。なので、自分のスキルと芸能界でのキャリアを活かして、幼児保育や幼児教育などの分野で、少しでも明るい未来になるような一助になりたいと考えて、短大を目指しました。

©️文藝春秋

――当初は短大に通わず、独学で保育士の資格取得を考えていたそうですね。

つるの そうなんです。僕の最終学歴は高校だったんですけど、僕より年上の方だと高卒で保育士の資格を取っている方が結構いらっしゃったんですよ。だから僕も独学で勉強して、試験に合格すれば保育士の資格をいただけるものだと勝手に思っていたんです。そしたらなんと、1991年3月31日以降に高校を卒業した人は、そもそも保育士の受験資格がなくなっていて(笑)。

 なので、短大に入って卒業して、それで国家資格である保育士資格を取ろうということで願書を書いて送りました。