昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/06

「質屋に行き狂うアレン様」

――大黒屋みたいな質屋に売りに出すってことですか。

アレン 大黒屋は行かないけど、VIP向けの質屋があるの。メルカリでは売れないから、そういう業者さんに売っちゃって流してもらうのよ。

 値段の交渉も自分でやってますよ。(バンバンと机を叩くジェスチャーをしながら)「これっ、あと10万上げられるでしょうが! これっ」とか言ってね。地道にやってますのよ、こう見えて。

 この記事のタイトル「質屋に行き狂うアレン様」でいいんじゃないの。衝撃的にした方がケラッとクリマンの方が喜んでくれるでしょ。

 

――よくご存知で。また整形の話に戻るんですけど、アレンさんは「やってます!」と大々的に公表されていますが、隠している人のほうが多いですよね。

アレン 日本人って「バレないようにしてください」って言うけど、私はお金払ってやるなら「きれいになったね」って周りから褒められたいの。だから整形するなら人に気づかれたい。

――アレンさんは「すっぴん風メイク」もしないですよね。

アレン 目の前で見ていただいてるのでおわかりかと思うけど(笑)、私はすっぴん風とかナチュラルメイクじゃヤダ。「人に気づかれないように変える」ってそれ、やる意味あるかな? って私の価値観だと思っちゃう。

デビュー直後のアレンさん

お腹の脂肪吸引だけはやらないワケ

――一方で、「芸能人の○○は整形」とかってよく聞きますが、私はまったく気づかないんです。

アレン 芸能人に関しては、私は「本当にSK-Ⅱだけですか?」と思ってる。みんなやってますよ。だって10年前から全然変わんないじゃん。正直問題、整形の医者からもそういう噂は聞くしね。

――アレンさんほど整形に通じていると、医者側がやりにくそうな気がします。

アレン 「最初にプロポフォール流したあとドルミカムも入れて」とか、自分に合った麻酔の入れ方を指示できるレベルだから、誰も私のことやりたがらないよね。だから私がやりたいようにやってくれるベテランじゃないとダメよね。

 ただ、お腹の脂肪吸引だけはどんな名医が担当したとしてもやらないかな。キン○マパンパン事件が起きたから。

z