昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/05/06

――名前だけでもすでに痛そうです。

アレン お腹周りの脂肪吸引するときって、脂肪を取った空洞部分に内用液を入れるんですけど、その液が時間経過と共にリンパに沿って降りてくるのね。で、リンパの先に何があるのかというと……キン○マですよ。女性ならヴァ○ナですよ。

――それがパンパンになる事件が……。

アレン 冗談抜きで8倍くらいに腫れて、痛すぎて座ることも寝ることも出来なくて。どうしても外せない会食があったんだけど、私一人だけ立食したもの。「アレンさん大丈夫?」って言われても「座るとタマが破裂する」って言って。

 だからいくらムチりあげようが、ボディが富の象徴に向かおうが、脂肪吸引だけはもうしません。

 

糖尿病予備軍でも、運動する気は「ございません♪」

――美の追求はときに激しい痛みを伴うんですね。アレンさんは美容以外でもお医者さんにかかっているそうですね。

アレン 高血圧、高コレステロール血症、糖尿病予備軍ね。3年くらい前から毎日薬飲んでます。降圧薬っていうの? 血圧コントロールするやつね。

――それって、中年以上に多い病気ですよね。

アレン いやん。普通は70、80代に処方する薬なんですって、私が飲んでる薬。ドクターからも「20代に処方したの初めてだよ」って言われたけど、「(ビシッと指を指す)でも先生っ! 私はそうなんざます!」って言ってやったわ。

「食事に気をつけて運動すれば薬なしで血圧は下がるよ」っていうものよく言われるわね。

 

――では今は健康に気をつけた生活を……。

アレン No No No! やるわけないでしょう、運動。食事も、好きなものを好きなだけいただきます。病気だろうとなんだろうと、私は私の好きなように生きさせていただきます。

――先生にもそうやってお返事をされているんですね。

アレン そうよ。定期健診でいつも「アレンくん、本当に運動する気はない?」「ございません♪」「じゃ、薬出しますね」って感じ。Human all people life is shortでしょ。我慢して我慢して後悔しながら死ぬのは嫌なの。

 

――アレンさんは働くのも嫌いなんですよね。

アレン 労働人生はまっぴらだったんだけど、今はクリマンのみんなが本当に喜んでくれるから、一生懸命YouTubeとかやってるの。

 この記事でもアレンの新しい一面を知ってほしいし、プラス、私のことを嫌いだったり、知らない人も写真でクリックしてほしいよね。「なにこの人っ!?」ってね。だから写真は60枚使ってね。どれもきれいすぎて選べないしさ。

写真撮影=深野未季/文藝春秋

アレン/2014年、全身の美容整形に1500万円以上をかけた「日本一の謎の整形男子」としてタレント活動をスタート。これまでに整形に費やした金額は1億円以上。究極の美を追求し続ける日常をブログ「日本一の整形男子の究極の美ブログ」などで発信している。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(35枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z