昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

赤井沙希(35)のプロレスデビューに母は“絶縁宣言”…そのとき父・赤井英和が見せた思わぬ反応「昔はファイターだったので…」

赤井沙希さんインタビュー #2

 プロレスラー、タレントとして活躍する赤井沙希さん(35)。元プロボクサーで俳優の赤井英和さん(62)を父に持つ彼女はかつて、“赤井英和の娘”というレッテルに悩みながら芸能活動を続けていた。そんな時、ドラマ出演をきっかけに「プロレス」の世界に導かれ、2013年にリングデビューを果たす。

 しかし、母親からは猛反対され、“絶縁状態”にまで陥っていたという。彼女のプロレスデビュー“前夜”に、いったい何があったのか——。(全3回の2回目/1回目から続く

赤井沙希さん ©石川啓次/文藝春秋

◆◆◆

K-1イメージガールのオーディションで、選手としてスカウト

――芸能界での仕事に不安を抱いていた赤井さんが、どのようにして格闘技の世界に足を踏み入れていくのでしょうか。

赤井 一番最初に格闘技のお仕事をしたのが、2009年のK-1のイメージガールでした。もともと格闘技は好きで、レイ・セフォーとかアーネスト・ホースト、ボブ・サップの試合をよく見ていたんです。そしたら、その時に所属していた事務所から「K-1のイメージガールの仕事をやってみないか」と言われて、オーディションを受けたんです。

 そしたら、オーディションをしていただいた石井(和義・正道会館)館長に、「身長、何センチ?」と聞かれて。「174センチくらいです」と答えたら、今度は「リーチはどれくらいあるの?」って。私、身長より手が10センチくらい長いから「リーチは184センチあります」と伝えたら、「選手になりなよ」と言われたんですよ。

――まさか、K-1デビューのお誘いが(笑)。

赤井 「え? 聞いてたオーディションと違うんやけど」みたいな感じでした(笑)。母がボクシングトレーナーだったので、小さい頃からボクシングに触れる環境にはいたんです。でもやったことはなかったから「やったことがないので、格闘技はわからないです」と伝えました。

 

 それに正直に言うと、その時は格闘技をやりたくなかったんですよ。だって、喧嘩もしたことがなかったし。それに選手として出たら、どうせ「赤井英和の娘、格闘技参戦」ってなるじゃないですか。当時は〇〇の弟とか、〇〇の息子参戦とかが結構多かったので、「そこに私も加わるの? それは嫌だな」と思って。結局、K-1の選手になる話はうやむやになって、流れたんですけどね。

――しかし、2011年にプロレスを題材にしたドラマ『マッスルガール!』に出演して再び格闘技に関わることになります。そこから、プロレスの世界に導かれていくんですよね。

z