昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「内定翌日、スターと社内ですれ違ってオオ~ッと…(笑)」“ミーハーなテレビっ子”がフジテレビのアナウンサーになって見えたこと

福原直英さんインタビュー#1

2022/05/02

genre : エンタメ, 芸能

 2022年3月をもって、フジテレビを退社した福原直英アナウンサー。1992年にフジテレビに入社し、入社3年目から『スーパー競馬』の司会を務めるなど競馬番組を長く担当してきた“フジの競馬中継のエース”のひとりだ。一方で、『めざましテレビ』をはじめとするニュース・情報番組でも活躍し、ニューヨーク支局での勤務経験も持つ。

 そんな福原アナが、フジテレビを退社してフリーとなって業務提携をしたのがレジェンドジョッキー・武豊の個人事務所「テイク」。福原アナのフジテレビ時代のエピソード、これからの活動、そして競馬愛について、話を聞いた。

◆◆◆

——福原さんは競馬番組に携わりたいという思いから、フジテレビに入社したと聞きました。

福原 学生の時からずっと競馬中継を見ていて競馬が好きで、フジテレビの入社面接では「競馬中継の司会をやりたい」と言ったというのは事実です(笑)。

 私が就職したころはいわゆる売り手市場でして、大学3年生の頃からたくさん企業からのDMが届く、そんな時代だったんですね。実はJRAにも資料請求をしたりはしたのですが(笑)、もともとテレビっ子だったものだから、メディアに興味を持って、その中で競馬も好きだから競馬中継をやっているフジテレビ、というふうにだんだん収斂していった感じです。

福原直英アナウンサー

——テレビっ子だったとのことですが、子どもの頃によく見ていたテレビ番組とか、覚えていますか。

福原 なんでしょうねえ……ほんとうにテレビばかり見ていたので、何がと言われると困ってしまう(笑)。バラエティもドラマも見ましたよ。

 たとえば、フジテレビで2003年に『白い巨塔』を放送したじゃないですか。あれはリメイクでして、1978年に田宮二郎さんが主演でやっていたんです。たぶんそれ、小学生だったんですけど、見ているはずなんですよね。山本學さんが里見先生で、島田陽子さんがお嬢さんでとか、はっきり覚えていますから。もちろんあとはニュースも見ていましたから……。

 

——本当に1日中テレビを見ていた……。

福原 友達いない子みたいですね(笑)。で、なぜか子どもの頃からアナウンサーにも興味を持っていたらしいんです。