昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「小学生とは思えない体つきですね」障がいを持つ小学6年生の少女が受けた40代ベテラン教師の“下劣な性暴力”

『黙殺される教師の「性暴力」』より #1

2022/05/19

 2020年度に「性犯罪・性暴力等」を理由に処分された公立学校の教員は200人。しかし、被害者が泣き寝入りしたり、学校側が事実を認めなかったりしたケースは反映されていないため、この数字は氷山の一角だ。

 ここでは、こうした統計にも出てこない学校での性犯罪の実態を、被害者の母親の視点で綴ったノンフィクション『黙殺される教師の「性暴力」』(南彰著、朝日新聞出版)から一部を抜粋。障がいを持つ小学6年生の娘に、担任教師が及んだ下劣な行為とは——。(全2回の1回目/2回目に続く

写真はイメージです ©iStock.com

◆◆◆

「タカギにおっぱいぎゅうされた」娘が性被害を告白

 ゆっくりと上がるエレベーターの扉が開くと、記憶のよどみを押し流すように、潮風が吹き抜けた。ベランダ側に広がる海辺では花火が舞った。引っ越してきた日は、ちょうど周辺の花火大会が重なった。

「お母さん、花火が二重に見えるなんて、すごいよ」

 ベランダではしゃいだ娘たちの声がよみがえる。あの時は、新しい街から祝福を受けているようだった。海沿いでは高層マンションの開発が進む。マンションを取り囲むヤシの木の先に、小学校の体育館がのぞいた。

 あれから何年が過ぎただろうか。

 新しい街で穏やかに育んできた家族の営みが、娘の被害を証明するという、長い闘いの日々へと変わったのは七夕の金曜日。学校から戻ってきた娘の告白だった。

 ピン、ポーン――。

「おかえり」と言いながら、玄関の方に向かうと、聖子(編集部注:以下全員仮名)の声が耳を突き刺した。

「きょう、タカギにおっぱいぎゅうされた」

「え?」

「3回、ギューされた」

 聖子は何を言っているのだろう。何かの拍子に間違って手が当たってしまったのではないかしら。

「どうやって?」

 思わず問い返した私に、聖子は両手で自分の胸をつかんだ。

「こうやって。すごく痛かった」

 私はベランダから突き落とされたような気持ちになった。

z