昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 

A子    だからホテル代私出すって

小柳    夜になるけど まだ部屋掃除しないと

A子    何時ぐらい?

小柳    池袋でもいいの?

A子    池袋ホテル高くない?

小柳    (A子さんの地元)って事?

A子    うん

小柳    日曜日だし

小柳    どこもかわらなくない

A子    都内は高いよ

 A子さんが精神的に不安定になったのには、2人の関係が影響しているのではないかと問うたところ、小柳は一瞬言葉を詰まらせ、こうつぶやいた。

「そうかもしれないですね。彼女が俺に依存する環境を作ったというか……。もっと違う対処の仕方をしていれば、彼女をここまで追い詰めることはなかったんだろうと思います」

©文藝春秋 撮影/細田忠

 不倫関係は小柳とA子さん、双方に責任がある。どちらかが一方的に悪い、ということではないだろう。

 ただし、こと大麻使用にいたっては話が違ってくる。芸能界の大麻汚染は深刻だ。アメリカなどで合法化の流れがあるのは事実だが、日本では大麻の単純所持は、初犯の場合は懲役6ヶ月から1年程度。執行猶予が2年から4年の程度の幅でつく場合がある。それでも芸能人をはじめ、「手を出してしまう」人は後を絶たない。

大麻使用疑惑への“言い分”「合法のCBDリキッド」

 A子さんによると、小柳は「タバコを巻く機械で、紙巻きタバコに深緑色の葉を混ぜて巻いていた」と証言している。しかし小柳は「それはないです」と間髪入れずにこう主張したのだ。

©文藝春秋 撮影/細田忠

「多分、彼女は他のものと大麻を勘違いしてるんじゃないですかね。ちょうど去年の夏頃、CBDという大麻リキッドが流行っていて、それをタバコの葉っぱに混ぜて吸ったことがありました。

 普通のタバコも吸います。電子タバコも吸い分けたり。前は一時期、アロマの水蒸気みたいなのも吸ったりとか。元々、海外とか行くとタバコが高いのでみんな紙巻きタバコを吸ったりとかね。それと大麻とか、(A子さんのなかで)いろんなのが一緒になってるんだと思うんですけど。

 普通は加熱式タバコに入れて水蒸気を吸うんですが、好奇心でリキッドをタバコに混ぜて火を付けて吸ったらどうなるんだろうと思って試してみたんです。その葉を紙巻きの機械で巻いている姿を見たら、確かに怪しいと思いますよね。リキッドをやったりタバコに混ぜてこうやるとドロドロしちゃって。油なので、見た目的にはもう多分怪しい。

 ドンキとかで売っているリキッドをタバコに混ぜたらどうなるんだろうって、そういう遊び方はしましたけど。イリーガルなものでは決してないですから。誰でも簡単に買える合法なものですよ」

 CBDとはカンナビジオールという自然成分の略称だ。大麻由来の成分だが、規制対象ではなく、リラックスや睡眠改善の効果が期待できるとして注目を集めている。ディスカウントストアやネットショップで吸引用のリキッドや、オイルが販売されてもいる。

「ドンキで濃度70%とか60%とか、いろんな種類が売っているんです。うちらもネタでドンキやホームセンターをうろちょろしたりして、何かがあると『これネタに使える』みたいな。常にいろんなことにアンテナを張って、流行りとかは追いかけてるので。たまたまドンキに行った時にCBDリキッドのコーナーがあったので『え?』って。大麻みたいな写真が載ってるので、それはすごい好奇心があって。

 吸うと頭がふわ~っとなるんです。あと、いやらしい話ですが、ガラナエキスの入ったサプリとか精力剤を使った時みたいに興奮する。すごい勃つ。確かにA子さんといる時に1回くらい、吸いましたよ。でもそんなにいいものじゃないんで、別に常用はしていません」

関連記事