昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『電撃ネットワーク』ダンナ小柳の大麻使用・売買を元不倫相手が告発「情事の前に『感覚が敏感になる』」「仕入れた大麻の一部を懐に入れて残りは…」《証拠音声・LINE公開》

A子 私に大麻を吸わせたことは悪かったと思ってる?

男性 思ってるよ。それ、もう警察に言ったの?

A子 思ってるのって、まず。

男性 思ってるよ。

 別れ話の最中の男女の会話。これはA子さん(40歳代)から送られてきた音声データの一部だ。A子さんは一時期不倫関係にあった男性に対し、自分に大麻を吸わせたことについて非を認めるよう迫っている。その声は怒りに震えていた。

「この男性は、パフォーマンス集団『電撃ネットワーク』のダンナ小柳(53)です」

 A子さんはそう言うと、小柳の“大麻漬けの日々”について語りはじめた――。

2021年10月30日、小柳からA子さんに送られてきた写真

芸能界に暗い影を落とす大麻の蔓延

 電撃ネットワークは、1990年代、体を張った過激な芸を前面に出し世界で活躍した。メンバーの一人であるダンナ小柳は「痛みを感じない」という特異体質を活かし、牛乳を鼻から入れて目から出す、割り箸を尻で割るといった芸で人気を博した。

 現在も小柳は都内のスナックに週に数回出勤しながら、結成時からのメンバー、南部虎弾、ギュウゾウに若手の新メンバー3人を加えた6人で電撃ネットワークとして活動。2020年には結成30周年を迎え、2021年10月にYouTubeチャンネル「電撃TV」を開設するなど意欲的だ。

 そんなベテラン芸人が「大麻を常習していた」と、A子さんはいうのだ。

電撃ネットワークYouTube公式チャンネルより

 世界各国で合法化が進む中、日本においてはいまだ非合法薬物として禁止されている大麻。しかし2021年1月に発足した「大麻に関する検討会」では、医療用大麻の解禁について議論がされており、今後、大麻規制が緩和される可能性もある。

 こうした流れや、「ゲートウェイドラッグ」と称されるほど違法薬物の中で比較的入手しやすいことが背景にあってか、2021年の大麻事犯による検挙者数は5482人と過去最多となった。

 大麻の蔓延は、芸能界にも暗い影を落としている。

 元KAT-TUN田口淳之介、俳優の伊勢谷友介らが大麻の所持で逮捕されたことは記憶に新しい。違法薬物で逮捕されれば、仕事の多くを失う。特に人前に出る芸能人にとってはあまりにリスクが高い。それでも止められないのは、一体なぜなのだろうか。

関連記事