文春オンライン

「筋肉のおかげで、アクロバットな体位もこなせる」筋肉セクシー女優(26)が語る、筋トレにのめり込むまで〈スクワット100kg、ベンチ60kg、デッド140kg〉

ちゃんよたさんインタビュー #1

2022/06/10
note

ーー「そこまで気を使ってない」とのことですが、さすがにお菓子は手をつけませんよね。

ちゃんよた いや、そんなことないですよ。AVの撮影現場で、ケータリングでお菓子があったりするんですけど、そういうのは食べちゃいますね。撮影の時くらいは「いいか」って。

 

 でも、おうちではあんまり食べないですし、ケーキやパフェを食べに行こうとは思わないです。とりあえず、お菓子は現場でなら食べていいルールでやってます。

ADVERTISEMENT

ーーセクシー女優やプロレスラーとして活動するにあたって、筋肉を作るうえでの制約は出てきてしまうものですか。

ちゃんよた 私は体を大きくしたいタイプなんですけど。やっぱり、プロレスやってると運動量が多くて、食べないと痩せちゃったりしますね。そういう点で言うと、筋肉を増やすのとプロレスは反比例しているなって。だから、過剰気味に筋トレをやって、食べてという。

 とりあえず自分の目標というか、根底には強くなりたいという気持ちがあって。ボディメイクで筋トレをやるうちに、重いのも持ちたくなって、パワーリフティングの大会に出たりとかもしてるし。それこそプロレスもやってるし。

 強くなるためにやってるという感じですね、プロレスもパワーリフティングもボディメイクも。プロレスも、プロレスラーになりたくて始めたわけでもないし。

 

スクワット100キロを持ち上げられるようになるまで

ーートレーニングジムのGOAL-Bが1月に開催したパワーリフティングの大会「GOAL-B BIG3大会」に出場された際の動画を、YouTubeの公式チャンネルで拝見しました。スクワット100キロ、ベンチプレス60キロ、デッドリフト140キロを持ち上げていて、ストレートに「すごいな」と。

ちょんよた パワーリフティングのトレーニングは、2年前くらいから始めました。知り合いが経営しているパワーリフティングのジムがあって、そこに通うようになったんですね。それまではずっと自己流でやってたんです。

 筋トレの基本って、こないだの大会の名前にもなったビッグ3と言われる、スクワット、ベンチプレス、デッドリフトなので。まずは、それらをちゃんとしたフォームでできたらなと思って、パワーリフティングをやり始めたって感じですね。