文春オンライン

「メンバーが倒れたり、車椅子でうなだれたり…」 新作映画で加速する日向坂46の“AKB化” ファンが知らないメンバーの「裏の顔」を見せるのは必要か

 人気アイドルグループ「日向坂46」のドキュメンタリー映画第二弾のタイトルは『希望と絶望 その涙を誰も知らない』。7月8日に全国公開されるのだが、センセーショナルな表題がファンをやきもきさせ、ある“懸念”を漏らす関係者もいるという。

坂道グループの“末っ子”日向坂46 映画公式HPより

映画ではメンバーの葛藤や困難を「忖度ナシ」で描く

 映画のメガホンをとったのは、竹中優介氏。TBSの番組プロデューサーで、ドキュメンタリー映画第一弾『3年目のデビュー』も担当している監督である。5月31日に行われたイベントにも出席し『希望と絶望 その涙を誰も知らない』の見所についてこう話している。

「密着していたからこそ撮れたファンも知らないメンバーの葛藤や困難、その様子を本当に忖度もなくドキュメンタリーとして描きました。結構重めのドキュメンタリーを真摯に、無理に美談にするとか変えることなく描いた結果、こういうタイトルの映画になりました」

「忖度ナシ」とはまたどんな内容なのか。日向坂46に詳しい音楽ライターが言う。

「先のイベントではメンバーの金村美玖が『映さないほうが良いのかな、というような所もあったりします。(映画を観て)どんな反応があるのかドキドキします』と意味深にコメントし、河田陽菜も『皆さんの知らない私たちをスクリーンで観ていただければ』と伝えていました。ファンの中にはもちろん映画に期待する声もありますが、同時に心配する意見もあるようです」

ファンの反応を気にしていたというメンバーの金村美玖 公式HPより

 日向坂46と言えば明るいキャラでファンを幸せにする“ハッピーオーラ”が特性のグループ。乃木坂46や櫻坂46と同じ「坂道グループ」の一員だが、より親近感をウリにした“妹分”である。

姉貴分の乃木坂5期生にはメインの中西アルノの“パパ活疑惑”をはじめスキャンダルが続いた

 キャプテンの佐々木久美を中心に多くのメンバーがバラエティに進出しており、正に飛ぶ鳥を落とす勢いだが…。前出の音楽ライターは怪訝な表情を浮かべる。

関連記事