昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈活動休止騒動〉新曲発表(カムバック)で1ヶ月働きづめに…BTSリーダーが一石を投じた、K-POPアイドルの“キツすぎる働き方”

2022/06/25

 6月15日、K-POPグループ・BTSの「活動休止」報道が世界を駆け巡った。グループとしての音楽活動はいったん中断し、今後はソロ活動を優先させるという。

 株価が大幅に下落したこともあって、所属プロダクションのHYBEは「活動休止」を否定したものの、グループが音楽活動に一区切りつけることには間違いないようだ。その背景には、年内に予定されている最年長メンバーのJINの兵役招集がある(「BTS活動休止の背景と今後の3つのシナリオ」2022年6月15日)。特例による兵役免除がなされない以上、BTSの活動休止は十分に予想されていたことでもあった。

 だが、今回の「活動休止」発表で注目されたのは、RMの「アイドル」についての言及だ。(全2回の1回目/続きを読む)

中央がRM ©️AFLO

物議を醸した、RMの言葉に込められた意味

「K-POPやアイドルというシステム自体が、とにかくひとを成熟させない。ずっとなにかを撮らないといけないし、ずっとなにかをしないといけないから。これでは、成長する時間がない」(『BANGTANTV』2022年6月14日

 RMは、自分たちを「アイドル」と認識しながら、率直に心情を吐露している。それは、ギャングスタラップを披露するヒップホップグループとしてスタートしながらも、人気アイドルグループとなったBTSが、その両者のダブルバインド(二重拘束)に陥っているようにも見える。

©AFLO

 BTSは2013年にデビューしたが、もともとはヒップホップグループとして結成された。それもあって、RM、SUGA、J-HOPEのラッパー3人は、個人制作の非商用デモ曲・ミックステープも早い段階から発表している。曲にも当初からみずからの主張を強く込めており、そこが他のグループとは大きく異なる点だった。

 アイドルでありながらもこうした活動が可能だったのは、所属プロダクションのBigHitエンタテインメント(現・HYBE)が当時はまだ弱小のプロダクションだったからでもあるだろう。

 そして、ラップを前面に出した黎明期(2013~2014年)の「学校三部作」から、BTSは若者から強く支持された。ただし、それは強い一般性を獲得するにはハードルの高い表現でもあった。

z