昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

イヌは汗をかけない…獣医師に聞く「イヌの車内放置の危険性」 車内エアコン“最適温度”は

source : 提携メディア

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会

 

6月7日、名古屋市中区で車の中に2匹の犬が放置されているのが見つかり、約4時間後に無事保護された。犬を車内に放置する危険性について取材した。

犬は法律上「財産」…許可なく連れ出すと窃盗罪に問われる可能性も

6月7日、名古屋市中区のコインパーキングで、軽乗用車の中に2匹の犬が放置されているのが見つかった。この日の名古屋の最高気温は25.2度。

 

この軽乗用車はなぜか鍵がかかっておらず、警察官が時折ドアを開け、犬の体調を気遣った。そして警察官が駆けつけてから約4時間後、警察は保健センターと連携し犬を保護した。

車の鍵がかかっていなかったにもかかわらず、なぜ保護に4時間もかかったのか。名古屋北法律事務所の中島万里弁護士に伺った。

 

法律上、犬などの動物は「財産」となる。表現は良くないが「物」として扱われるため、持ち主の許可なく勝手に車の外に出すと、窃盗罪に問われる可能性がある。
そのため、駆け付けた警察官や市民も様子を見つつ、犬をフォローしながら飼い主を待つという手段しかとれなかった。

 

しかし、放置が確認されてから4時間を超えたため、このままでは危険だと判断し保護にあたった。

車内に犬を放置する危険性は? 汗をかけず熱中症になりやすい

 

この日の名古屋の最高気温は25.2度で、決して猛暑という気温ではなかったが、車内の暑さはどうだったのか、同じような状況でJAFが実験を行っていた。
実験は大型のSUV車と軽ワゴン車の2台で行われた。気温は約24度。温度計を設置して、その変化を見た。

 

計測をはじめたときは車内温度は25度だったが、10分経過しただけで7度以上あがった。1時間経過すると、軽ワゴン車は37.5度、SUV車は43.5度に。

 

JAFによると、気温が25度の夏日に届かない場合でも、日中に4時間放置した場合、車内温度は50度近くまで上昇するという。
そういった状況で車内に犬を放置する危険性を、名古屋市中区にある「おおやぶ動物病院」の院長に伺った。

z