昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ステーキや分厚い牛カツをサンド…味や見た目のインパクト抜群いま注目「肉サンド」の魅力を調査

source : 提携メディア

genre : ライフ, グルメ

 

今話題のグルメの映像からヒットの理由を探る新コーナー「うま撮」。今回は、セブン-イレブンやコストコも新商品を発売、味も見た目もインパクト抜群、いま注目を集めている「肉サンド」を調査した。

スマホで撮影したくなる断面

いつでも手軽にお肉を楽しめる「肉サンド」。新たに肉サンドを扱うお店も増えるなど、いま盛り上がりを見せている。

 

6月には、セブンイレブン・コストコからも肉サンドを発売。そんな、いまの肉サンドには特徴がある。

日本サンドイッチ協会会長 フードスタイリスト・唯根命美さん:
ステーキサンドや牛カツサンドとか、牛肉を様々な形で調理した、ボリューム感あふれる肉サンドが人気になってきている

 

東京都下北沢で、店前に列をつくっているサンドイッチ専門店「STABLER Shimokitazawa Meatsand」。

 

店内にはたくさんの女性客の姿やスマホで肉サンドを撮影しているお客さんがいる。お客さんのお目当ては何だろうか?話を聞くと、「肉サンド」「肉サンドが食べたくて」や「すごくきれいで、断面が」「サンドの断面図がおいしそうだなと思ったんで」という声。

 

一体どのような断面なのだろうか?ついつい撮りたくなってしまう、ボリューミーな断面をうま撮。

たくさんのお客さんがスマホで撮影していた断面から現れたのは、中にぎっしりと並べられているステーキ。

 

この迫力あるステーキサンドは、1日に300食売り上げたこともあるという「下北沢ミートサンドダブル」1850円。

 

STABLER 代表・鈴木悠基さん:
飲食店なので、もはや美味しいのは当たり前、一度見たら忘れられない美しい断面にこだわって開発しました

 

使用しているのは、アメリカ産牛肉の「サガリ」という柔らかい肉質の部位。可能な限り脂身を削ぎ落し、歯切れの良い肉のみを厳選している。

 

食べたお客さんは、「ボリューミーで美味しい」「ザ・肉って感じ」「肉の分厚さがバンッってインパクトありました。気付いたら手が止まらない」と話す。SNSでも多くの方が断面の動画を投稿するほど、ボリューミーな肉サンド。

z