昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

生まれつき左手の指なくても…二刀流で活躍する中学生野球選手「他の子と違うけど、違うとは思ってない」

source : 提携メディア

genre : ライフ, スポーツ, 教育, ライフスタイル

 

岐阜県各務原市に、生まれつき左手の指がない中学生の野球選手がいる。小学3年で野球を始めた少年は、今ではエースと外野手の「二刀流」で活躍している。

障害乗り越えチームの主力に「みんなが温大についていく」

 

岐阜県各務原市の中学3年生、横山温大(はると)くん(14)は生まれつき左手の指がない。

 

横山温大くん:
他の子と違うけど、違うと自分では思っていない

 

障害を乗り越えて、今ではチームの主力として活躍する野球少年だ。温大くんについて、クラスメイトは…。

男子生徒A:
みんなが温大についていく。温大はすごく大きな存在。弱気なところを見せることはないです

男子生徒B:
小学校の頃から、弱気なところを全然感じさせなかった

温大くんは3人兄弟の末っ子として生まれた。

 

父・直樹さん:
生まれてすぐに先生(医師)から呼ばれて、実はこういう風で(左手の指がない)と言われて…。ショックというか

母・尚美さん:
野球をやらせたいから、男の子がもう一人ほしいって…。指がないことを知って、真っ先に旦那には「野球できないね」と言ったと思う

 

左手の指がないのは、先天性で原因は不明だ。

 

母・尚美さん:
幼稚園の年中か年長くらいの時は、「小学校行ってもこのままなの?」って言った時がありました

父・直樹さん:
「小学校入ったらみんなと一緒の手になるんだよね」って言っていたので…

ブルペンで投げ込んだ後は外野の守備へ…ハンデ感じさせず

 

温大くんは、野球をしていたお兄ちゃんとお姉ちゃんに憧れ、5歳で家の中でバッティング練習を始めた。

 

不安を抱えながらも、小学3年で地元のスポーツ少年団に入り、義手をつけてプレー。中学生になると先輩たちと一緒に試合に出るまでに成長した。

横山温大くん:
手が不自由だけど、それをハンデとせず、逆に武器として

 

現在は、ボーイズリーグ「江南ボーイズ」でエースを任されていて、ブルペンで快速球を投げ込んだ後、外野のノックに。投手と外野手の二刀流だ。使っているグローブを見せてもらうと…。

z