昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「部屋の中に誰かがいる」安さに惹かれて事故物件に住み始めたが…30代女性を待ち受けた“恐怖体験”

怪談和尚の京都怪奇譚 宿縁の道篇――「共感」#1

2022/08/03

source : 文春文庫

genre : エンタメ, 読書, ライフスタイル, 娯楽

 京都・蓮久寺の三木大雲住職のもとには、助けを求める人が絶えない。ポルターガイストに悩まされている、人形をお祓いしてほしい、さまよう霊を供養成仏させてほしい……。そんな実話や自身の体験など、現代の怪談、奇譚の数々を収めた『怪談和尚の京都怪奇譚 宿縁の道篇』(文春文庫)より、背筋も凍る「共感」を特別公開。見えない世界に触れることで、あなたの人生も変わる……のかもしれない。(全2回の1回目/後編に続く

◆◆◆

 美しい場所に行き、美しい景色を見るのは、とても幸福な時間です。しかし、その景色を誰かと共有出来たら、更に幸福な時間となります。これは悲しい事でも同じです。

 悲しい出来事や苦しい事があったとしても、その悲しみや苦しみに共感してくれる人がいると、それだけで少し救われた気分になります。

 そういった意味では、心霊体験は孤独な体験の1つではないかと思います。何故なら、科学で推し量ることが出来ないので、他の人が共感し難いわけです。

 それでも共感して欲しい、信じて欲しいと、私の元にお話しくださる方が来てくださいます。

 さて、今回もそんな共感を求めて、1人の女性の方がお越しになられました。

事故物件の良さとは

「当たり前ですが、最初は本当に誰にも信じてもらえなかったんです」そう興奮気味にお話をはじめてくださったのは、とあるマンションにお住まいの30代の葉山さんという女性の方です。IT関係のお仕事をされておられ、趣味は引っ越しだそうです。パソコンさえあれば何処でもお仕事が出来るので、引っ越しも頻繁にされるようです。

写真はイメージです ©iStock.com

 実は私は、事故物件に住んだ事が今までに結構あるんです。事故物件の良さは、何より格安な家賃です。酷い事故があった部屋ほど安くなります。例えば、殺人事件や複数の人が亡くなっている部屋なんかは、飛び抜けて安くなります。私は心霊現象を信じていませんでしたので、全く怖くもなく、ただ安さに惹かれて住んでいたんです。時々、家鳴りのような音がしたり、戸が勝手に開いたりはしました。しかしこれは建て付けのせいで、心霊現象ではないと思います。恐らく心霊現象を信じる人は、これを霊のせいだと言うに違いないと思います。

z