昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載テレビ健康診断

“表面的そっくりさんドラマ”『六本木クラス』の中で「この人はちがう!」香川照之の独自性――青木るえか「テレビ健康診断」

『六本木クラス』(テレビ朝日系)

2022/07/31

『六本木クラス』は韓国の人気連ドラ『梨泰院クラス』の日本版リメイク。『梨泰院~』をネトフリで全話見ていたから『六本木~』のほうはどんなもんだろうと見てみた。そしていろいろ衝撃を受けた。

 あまりにもよく似てて。リメイクなんだから似て当然だが、これは「そっくりさん」の域では……。郷ひろみのあとに若人あきらが出てきたような……たとえが古すぎるが。制作者のモチベーションは、「韓国版と見た目を似せる」ことなのか。それぐらい、表面的なところが似てる。主人公の新(あらた)、主人公の父親、主人公の初恋の相手優香、そして父を轢き殺した同級生の龍河、みんな顔も髪型も似せてきて(女子高生優香の髪型、ありゃカツラだろう。似せたいあまりなのか不自然だ)、「梨泰院クラスそっくりさんコンテスト」の様相を……。別にそこはムリに似せなくても。まったく同じになんかなり得ないんだから、こういう似せ方はかえって違和感感じちゃうよ。登場人物の性格や思いや行動がドラマをつくる、というところに立ち返ってくれ。

 ただ、バカで暴力的で小心で卑怯者の龍河を演じる早乙女太一が、物凄く上手いのでそこは素直に舌を巻く。ただそれが「DV騒ぎ起こしてたよな太一……こうやって奥さん殴るのか」などと思ってしまってドラマに入っていけなくなったので上手いのも考え物だ。

 そんな表面的そっくりさんドラマの中で「こいつはちがう!」となったのが長屋茂。主人公の「倒すべき巨大な敵」である、日本最大の外食産業チェーン会長。暴力バカ息子・龍河の父。

 演じますのは香川照之。

香川照之 ©文藝春秋

 いや、見た目は『梨泰院~』に寄せている。韓国版のほうでも、この会長のおっさんは、いかにもワルそうなラスボス的風貌で、常に印象的な着物というか韓服を着てそれがえらいカッコ良い。『六本木~』の香川照之も着物着用。和服だけど韓服っぽく見える。

 でも違うんだ、人物が。『梨泰院~』のほうのラスボスは、何を考えているのかわからない、感情が鈍磨した岩みたいな不気味なおっさんだったが、これが六本木にやってきたらいきなり『半沢直樹』の世界かと見紛うマンガみたいな顔芸のおっさんに……。この軽さはいったい。あまりにも人物が違いすぎる。コントかよと思う。ここが、日本版の「独自性」だとすると、主な出演者たちが「そっくりさん」なのも、笑わせにかかってるのかもしれない。……ダメだろう。

 あ、それから、『梨泰院クラス』を見ていた時に、「外食産業の話なのに出てくる食べ物が旨そうに見えない」というのが不満だったんだが、それについては日本版も同じだった。これが今後、旨そうになっていくのかも注目しておきたい。

『六本木クラス』
テレビ朝日系 木 21:00~
https://www.tv-asahi.co.jp/roppongi_class/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z