昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「最後まで生きるつもりだった…」不明のままの家族 届いたのは7歳息子のリュック 知床観光船沈没から3カ月

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

14人が死亡した知床沖観光船沈没事故から3か月が過ぎた。
未だに乗客と乗員、12人の行方は分かっていない。帰りを待ち続ける家族が、苦しい胸の内を明かした。

 

あの日、観光船に家族2人が…"既読"がつかないLINE 

行方不明者の家族:
毎日つらいですよね。4月23日から時間が止まったままです

カメラの前で言葉をふり絞る父親。7歳の息子ら家族2人が行方不明のままだ。「あの日」…2人は旅行で知床を訪れ、観光船に乗った。

 

男性は旅行には同行していなかったが、直前まで連絡を取っていたという。

行方不明者の家族:
乗船直前の9時54分に最後のLINEをしたんですけど、既読がつかなかったんですよね。遊覧船の会社に電話をしてみたら、乗船名簿の名前を確認したら「乗っています」と言われて。そのまま車をウトロのほうまで走らせました。無事でいてくれ、向こうに着くまでは、見つかってほしい、救助されててほしいなという思いでした

 

社長も国も「ずさん」 傷心の家族を追い込む"現地対応"

4月23日。知床沖で沈没した観光船「KAZU1」。船体は水深約120mの海底で発見された。
乗員乗客26人のうち、14人が死亡。そしていまも12人の行方がわかっていない。

7歳の息子ら家族2人が行方不明となっている父親は事故当日、ウトロに到着。現地で知床遊覧船の桂田精一社長から「船が行方不明になっている」と説明を受けたという。

 

行方不明者の家族:
4月23日は寒かったので、救命胴衣だけではダメだと思って「救命ボートは積んでますか?」「積んでいます」とその場では言っていて。実際は積んでいませんでした

男性はウトロで国の説明会にも出席したが、納得できるものではなかったという。

行方不明者の家族:
国もずさんすぎますよね、去年も2回座礁事故を起こしていると聞いて、今年も運航できるんだということもあるし、指導してそのあとがちゃんと改善されているか確認していないのが信じられないですね。(国が)ちゃんとしていれば、この事故は防げたと思っているんですよね

z