昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/20

genre : ニュース, 社会

 第2回公判の午前中に証人出廷したAさんは、稀華ちゃんが亡くなった日、警察から『梯被告の様子を見ていてほしい』と頼まれ、ホテルで梯被告とともに過ごした。被告本人が記憶のない部分を、Aさんは、小さい声で、次のように語った。

風呂場に血のついた剃刀が

「風呂に入った時、なかなか出てこないので様子を見に行ったら、(被告は)服を着たまま湯船につかっていて、血のついた剃刀が置いてありました。

 その後『親に電話するからひとりにしてほしい』と言われて、20分ほど外に出ましたが、絶対何かあると思い、出かけられないように、僕が彼女のサンダルを履いて外に出ました。でも戻ると部屋には誰もいなくて……」(Aさんの証言)

 Aさんからの通報を受けた警察がその後、裸足のまま、歩道橋の上に立っている梯被告を発見した。Aさんは離婚後、定期的に梯被告に生活費を渡していたというが、鹿児島に行っていたことは知らなかったという。

夏祭りを訪れた梯被告(梯被告のインスタグラムより)

 3歳だった稀華ちゃんをひとりで部屋に残したまま、遠く鹿児島に出かけていた梯被告は、自分がゴミ袋に入れられ、風呂場に閉じ込められていた時の気持ちを弁護人に問われ、こう振り返っていた。

「怖いという気持ちと、辛い……悔しい……苦しくて……でも、何も言えなかったです」

 弁護側被告人質問からは、過去の虐待被害経験により、梯被告の「流されやすく、断れない」人間性が形作られたように見えた。1月31日に行われる検察側被告人質問では、被告のどのような面が明らかにされるのだろうか。

2022年上半期「裁判部門」BEST5 結果一覧

1位:〈3歳女児放置死〉“避妊”も“借金”も断れない母親が鹿児島に会いに行った“ちょっとやばい人” 「こんなママでごめんって…泣きました」
https://bunshun.jp/articles/-/56435

2位:《埼玉虐待裁判》「両脚を無理やり開いて腰の筋肉が断裂」“トイレトレーニング”“食事制限”で4歳娘を死亡させた鬼畜親が撮った「動画」とは
https://bunshun.jp/articles/-/56434

3位:東京の海辺で目とノドをえぐられた若い女性の惨殺死体…浮上した“前科4犯の男”と“疑惑の自供”――大正事件史
https://bunshun.jp/articles/-/56433

4位:〈江東マンション神隠し事件〉「私のセックスで依存していただいて…」“二つ先の部屋”の隣人が23歳の女性をバラバラに“解体”した理由
https://bunshun.jp/articles/-/56432

5位:無期懲役判決を受けた緒方純子 逮捕から20年が過ぎたが「出られるとは思っていないみたいです」
https://bunshun.jp/articles/-/56431

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(16枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー