昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/19

体重57キロから…マックスで40キロ太った!

――確かに随分、外見は変わったと思います……。

五十嵐 芸能界をやめる手前から太り始めたんですよね。「芸能界を辞める」という話を事務所にしてから、どんどん太り出しました。トレーニングをする人って鏡を見て理想の自分をイメージしながらやるじゃないですか。それと同じで、テレビに出る仕事をやっている時は、無意識に自分の中でずっとセーブしていたんですね。

 俳優のときの体重が57キロでしたけど、食べる量とかもそんなに変わっていないのに、「辞める」宣言してからいきなり太り出したんです。マックスで……40キロ太りました。去年の夏に97キロまでいったんで。

©️文藝春秋

 この商売をしていると、よく食べて、よく寝て、よく飲んでしまう。一番は朝食べるのがダメですね。夜の仕事が終わって朝から開いてるお店って、牛丼屋とかラーメン屋とかしかないんです。あと、お酒はシャンパンが一番太ります(笑)。

「好きだった」「見てました」…太った途端、女性は全部過去形で

――それだけ体重や見た目が変わると周囲の皆さんのリアクションも変わるのでは?

五十嵐 男性は昔からはあまりかわりませんね。でも、女性はすごいですね(笑)。太った瞬間……全部過去形ですよ! 「好きだった」、「『ROOKIES』見てました。めちゃくちゃ好きだったんですよ」って。「今は?」って聞くと「今も……好きですよ」なんて、お客さんに気を使わせちゃったりして(笑)。まあ芸能界にいてもこの身体だったら人気ないと思いますね。だからやっぱり見た目商売なんですよ。そう考えると、見た目ばかりで中身を見てもらえないんだなぁ……と。

 そりゃみんな狂いますよ。芸能人も、偉そうになりますよ。だって10代からみんな芸能界にいるわけですよ。新卒のADさんとかスタッフさんが24歳とかですよね。6、7歳も下のタレントにペコペコして、おかしくなりますよ。

 僕も、一瞬ありました。『ウルトラマン』が終わるくらいからモテだして、『ROOKIES』の時は調子に乗っていましたし、生意気だったと思います。でも、そこでグッて抑えられたのは、当時から芸能界以外の世界に触れていたからなんです。さっき言ったみたいに、バーで少しだけ手伝っていたので、そこでいろいろ教えてもらえた。結果として芸能界をやめることになったんですが、決して後悔はありません。

©️文藝春秋

 物腰柔らかく、ときには自虐ネタで笑わせてくれた五十嵐さん。芸能界という華やかな世界を離れて、今後、五十嵐さんはどこを目指していくのだろうか? 過去の名優たちの思い出とともに、これからの夢や現在の悩みも語ってくれた。

インタビュー撮影=宮崎慎之輔/文藝春秋

2022年「男性芸能人部門」BEST5 結果一覧

1位:《独白120分》「体重は40キロ太って97キロになりました」『ROOKIES』で「ニャー」が口癖だった五十嵐隼士はいま…?「女性は皆『好きだった』と過去形です(笑)」
https://bunshun.jp/articles/-/56514

2位:【追悼】「少し怖さを覚えるほど元気だった」関係者が明かす上島竜兵さんの“数日前” と家族思いの“繊細な素顔”「家族には迷惑かけてるなぁ」
https://bunshun.jp/articles/-/56509

3位:「真央ちゃんのことは好きでした。たぶん向こうも僕のことを…(笑)」斉藤祥太・慶太(36)が語る、『キッズ・ウォー』の“甘酸っぱすぎた”舞台裏
https://bunshun.jp/articles/-/56506

4位:「ドリフって仲いいんですか」と聞かれ…加藤茶、仲本工事、高木ブーが明かした“志村と長さんの本当の関係”
https://bunshun.jp/articles/-/56505

5位:「みはるさんが100歳の時、僕は77歳だし…」23歳年の差婚をしたMr.シャチホコ(29)が語る、結婚を決めたワケ
https://bunshun.jp/articles/-/56465

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(39枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー