昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/28

genre : エンタメ, 国際

 兄のバークを疑う声もあがった。検死の結果、ジョンベネの胃袋からパイナップルと思われる未消化のフルーツが見つかったことから、寝ていたジョンベネはその後目覚めてキッチンに行き、テーブルに置かれていたパイナップルを食べたと考えられた。

 パイナップルが入っていたボウルにはバークの指紋がついていたため、自分のパイナップルをジョンベネに取られたことを怒ったバークがジョンベネに暴力をふるったのではないかという見方がされた。また、パッツィーはジョンベネを美少女コンテストで優勝させることばかりに一生懸命で、アテンションを注がれていなかったバークは疎外感を覚えていたことも指摘された。

事件の4カ月後、メディアの取材を受けるジョンベネの両親 ©getty

犯人のDNAと家族のDNAは一致せず

 1999年には、コロラド州の地方裁判所の大陪審が、ジョンベネの死は両親が何者かに誘拐される形でジョンベネを放置した結果であると判断、虐待罪でジョンとパッツィーを起訴するよう促したが、検事は証拠不十分という理由で起訴を見送った。

 家族にかけられていた嫌疑は、2008年7月に晴れることとなる。ジョンベネの身体や下着についていた体液から採取された、犯人のものと思われるDNAが家族のDNAとは一致しなかったからだ。しかし、潔白が証明されたことはパッツィーの耳には届かなかった。2006年、パッツィーは乳がんで他界していた。

2022年上半期「国際部門」BEST5 結果一覧

1位:「チェチェン兵に強姦され、殺された…」帰らぬ飼い主を玄関先で待ち続ける"ウクライナの忠犬ハチ公”を襲った悲劇の瞬間《不肖・宮嶋が見たウクライナの真実》
https://bunshun.jp/articles/-/56596

2位:《ウクライナ侵攻》「富と贅沢にとりつかれた」1400億円“プーチン宮殿”の全貌が動画告発された!《再生回数1億回以上》
https://bunshun.jp/articles/-/56595

3位:〈ジョンベネ殺害事件〉父親の性的虐待…?オネショに怒った母親が…? 美少女コンテスト常連の6歳の娘の殺害で、家族が疑われたワケ
https://bunshun.jp/articles/-/56594

4位:ワリエワ号泣 トルソワ造反 ロシア・フィギュアスケート“少女絶望工場”の実態
https://bunshun.jp/articles/-/56592

5位:アメリカ生活を経験した作家・岡田光世が教える、外国人に通じる“ジャパニーズ・イングリッシュ”とは「ネイティブも真似できない」
https://bunshun.jp/articles/-/56591

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー