昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“中国地方でいちばんの都市のターミナル”「広島」には何がある?

東京から約4時間の街「広島」#1

2022/08/15

genre : ニュース, 社会,

 新幹線を使うか、それとも飛行機を使うか。その分岐点となるのが、所要時間“4時間”だという。新幹線を使って4時間を超えると飛行機が優勢になり、4時間を下回るなら新幹線を選ぶ人が多くなるのだとか。

 まあこのあたりはあまり単純に割り切るのもどうかとは思うが、東京から新幹線で4時間というと、だいたい広島である。確かに広島は、飛行機を使うか新幹線を使うか、悩ましいところだ。

 新幹線に4時間乗りっぱなしはあまりお尻に優しくない。とはいえ、広島空港は広島の市街地からかなり離れたところにあってバスで1時間ほど。だから迷うことなく飛行機でしょ、というほどの優位感もない。4時間だから、ということだけでなく、新幹線も飛行機もどっちもどっち、ということで悩むのだ。

 もちろんこっちのほうが実は便利です、などとそれっぽい結論をここで出すことなどできないし、するつもりもない。ちなみにいうと、筆者は飛行機がおっかなくてしかたがないタイプなので、迷うことなく新幹線を選ぶ。そういう人も、案外たくさんいるんじゃないかと思いますが、いかがでしょうか。

“中国地方でいちばんの都市のターミナル”「広島」には何がある?

ともあれ「広島」は中国地方でいちばんの都市のターミナル駅である

 ともあれ、新幹線を使おうが飛行機を使おうが、広島のターミナル駅は広島駅である。広島は中国地方でいちばんの都市。もちろん広島駅のお客の数は、中国地方で最多だ(コロナ前の乗車人員は7万7000人くらい)。

今回の路線図。「広島」はコロナ前の乗車人員約7万7000人の一大ターミナル。東京からは飛行機を使うか新幹線を使うか悩ましい位置

 四国に通じていたり山陰に通じていたり、交通ネットワーク上の重要性では岡山駅にはやや劣るが、ターミナルとしての存在感は図抜けているといっていい。

 そんな大ターミナルを目指して新幹線に揺られて4時間。お尻をだいぶ酷使した末に広島駅に到着し、いざターミナルの偉容にお目にかからん……。

 と、思ったら、駅がなかった。

z