昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/08/15

genre : ニュース, 社会,

なぜ駅がないの…?

 いやもちろん新幹線はちゃんと広島駅に停まるし、在来線の山陽本線もちゃんと通っている。改札口を抜ければ立派に設えられたコンコースもある。

 

 が、そこから先、広島の町に出ようとすると、そこに駅はないのだ。駅前広場があった場所には工事用の仮囲いが迷路のごとく張り巡らされ、広島名物の広電に乗り換えようとしたってあっちへこっちへ歩かねばならぬ。

 

 警備員さんが暑い中でも立ちっぱなしで道案内をしているからご苦労さまだ。不慣れな旅人はともかく、地元の広島人たちは慣れた様子で行き交っているから、それほど不便に感じているわけではないのだろう。

2025年にはちょっとスペシャルな駅になりそうな「広島」

 この広島駅の工事は、2020年にはじまって2025年に完成する予定だという。完成すれば、広電の乗り場が駅ビルの中に乗り入れてくるようになって、新幹線や山陽本線から広電への乗り換えがとてつもなく便利になる(広場に降りなくても乗り換えられる)。

 

 さらに駅ビルは地上20階建ての高層ビルで、商業施設はもちろんホテルに映画館まで入るモンスター。ここまでくれば、まさに中国地方最大のターミナルにふさわしいシンボルになる。思えば以前の駅ビルはいくらか古めかしく、昭和の、国鉄のターミナル感が漂っていた。それが新しくなるこの工事、文句を言ってはいけないのであろう。