昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/02

井出 そうですね。これまでこの人のためにと思える相手には巡り会えませんでしたから。元夫と別れて二度と結婚しないと思っていたけれど、マークのレベルなら好きになってもおかしくないなと思えたんです。

 GUCCIとコラボしたことで、その時期は外国の男性たちから沢山写真やメッセージが届いていて。でも、私も漫画家としてのプライドがありますから、並の男では釣り合わないなと。うぬぼれですけどね、私ならマークレベルの人に好かれてもおかしくないわって思ってしまったんです。

「実は娘に…」言い放たれた言葉

――何歳になっても恋はするものだと思いますが、今回の件でもう恋愛は懲り懲りですか?

井出 実は娘に「これからも大いに恋しなさい。お母さんが沈んでいるなんて似合わない。幸せになれるなら応援するから」と言われて、びっくりしました(笑)。話していて楽しくて、一緒に温泉に行けるような人が現れたらいいんですけどね。

 

 今までとんでもない恋愛をたくさん描いてきたから、これで臆病になることはないかもしれません(笑)。人生何度も間違えて、もうしょんぼりですわ。でも私って、なにがあっても平気で次に進んじゃうんですよね。

撮影=荘司結有

◆◆◆

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事