昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「合コンで『スライムついてるね』とお腹を触られて…」2年半で40キロ減量した女性が明かす、理不尽すぎた“ダイエット前の扱い”

ダイエット系インフルエンサー・トレえみさんインタビュー #1

2022/09/04

 88キロから48キロまで減量したダイエット系インフルエンサー、トレえみさん。ダイエット成功後、5年間リバウンドをしていないことでも有名だ。ツイッターでは、「体重は気にしない」「ダイエットは一生続くもの」など独自のダイエット理論を発信し、フォロワー数は35万人超を誇る。

 学生時代はスポーツ少女で、ダイエットとは無縁だったという彼女。なぜ、88キロまで体重が増えてしまったのだろうか。そして、どういう理由でダイエットを決意したのか。詳しく話を聞いた。(全3回の1回目/2回目に続く)

ダイエット系インフルエンサー・トレえみさん

◆◆◆

2年半かけて40キロのダイエットに成功

――トレえみさんは現在、身長173センチ、体重48キロと公表していますが、過去には体重が倍近くあったそうですね。

トレえみさん(以下、トレえみ) 体重が一番重かったときは88キロありました。ただ、その体重を見たあとはショックでしばらく体重計に乗れなかったので、実際には90キロを超えていた時期もあると思います。

――少なくとも、40キロのダイエットに成功しているのですね。それだけ痩せるのにどのくらいの期間を要したのでしょう。

トレえみ 2年半はかかりましたね。本当に少しずつ少しずつ、体重を落としていった感じです。一気に減量すると一瞬でリバウンドしたり、筋肉まで一緒に落ちてメリハリのない体型になったりしてしまう。それは過去のダイエット経験から学んでいたので。

――リバウンドしないダイエット方法にたどり着くまでに試行錯誤された、と。そもそも、体重が増えてしまったきっかけは?

トレえみ 私、小中高と体育会系のクラブや部活に入っていて、ずっとハードな運動をしていたんです。1日中体を動かしているからいつもお腹が空いていて、ほかの人の2~3倍のごはんを毎食のように食べていました。

 小学生から高校生までそんな食生活を送っていたから、高校を卒業して運動をしなくなってからも、食べる量を減らせなくて……。

z