昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「『整形顔』『太っていたほうが可愛い』と言われたことも…」2年半で40キロ減量した女性が語る、ダイエット後に起きたこと

ダイエット系インフルエンサー・トレえみさんインタビュー #2

2022/09/04

 88キロから48キロまで減量したダイエット系インフルエンサー、トレえみさん。ダイエット成功後、5年間リバウンドをしていないことでも有名だ。ツイッターでは、「体重は気にしない」「ダイエットは一生続くもの」など独自のダイエット理論を発信し、フォロワー数は35万人超を誇る。

 地道な努力のすえ、大幅な減量に成功したトレえみさんだが、彼女に向けられた周囲の目は、好意的なものだけではなかったという。その理由とは——。(全3回の2回目/1回目から続く)

 ダイエット系インフルエンサー・トレえみさん

◆◆◆

「太っていたほうが可愛かった」と言ってくる人も……

――2年半かけて40キロの減量に成功したあと、どんな変化がありましたか?

トレえみさん(以下、トレえみ) 体が疲れにくくなって、外出するのが楽しくなりました。外で過ごす時間が多くなると、歩く距離も増えるから、それ自体がダイエットになっています。

 体が健康的になったことで、気持ちもどんどん前向きになっていって。以前は「外に出ても買い物も楽しめない」と思っていたけど、いまは着たい服を着られるようになったから、ショッピングも楽しいです。

 

――周りの人たちの反応はいかがでしたか。

トレえみ 私の努力を知っている人の多くは、「すごく変わったね!」と褒めてくれました。初対面の人にも、礼儀のある対応をしてもらえることが増えましたね。以前は「こいつには何を言っても大丈夫」と思われることが多かったですから。

 その一方で、私のダイエットに対して否定的な人もいました。「太っていたほうが可愛かった」「痩せないほうがよかったのに」「少食になってつまんない」など、ネガティブな言葉をかけてくるんです。

――努力して痩せたことを知っているのに、なぜそんな言葉を。

z