昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

体を洗ってあげていたら「ママ、さわっちゃダメ!」と…産婦人科医が2歳だった我が子にかけた“性教育”の言葉とは

『だいじ だいじ どーこだ?』(遠見才希子 作/川原瑞丸 絵)――ベストセラー解剖

2022/09/07
『だいじ だいじ どーこだ?』(遠見才希子 作/川原瑞丸 絵)大泉書店

 自分の体はだいじなものというシンプルなメッセージで性教育を考える本書。「やさしい文とほのぼのした絵で大切なことを教えてくれる」と、幼い子供を持つ親や教育の現場で評判だ。

「小学生向けに性教育本の企画を考えていたとき著者で産婦人科医の遠見先生と出会い、当時2歳だったお子さんとのエピソードを知りました。『おしりも おまたも おっぱいも ぜんぶ だいじ だいじよ~ ○○ちゃんのからだは ○○ちゃんのものよ~』とお風呂で体を洗ってあげていたら、あるとき『だいじだいじは自分であらうの! ママ、さわっちゃダメ!』とお子さんに泣かれたという話です。生理や妊娠のしくみより、プライベートパーツ(胸や口、性器など)を理解し、大切にすることを伝える絵本を未就学児に向けて作りたいと思いました」(担当編集者の谷口由美子さん)

 パンツで隠れる部分や胸や口は特別大事で、他人に見せたり触らせたりしない、「見せて」と言われたら逃げて大人に話そうといったことが描かれている。登場人物のイラストは男の子にも女の子にも見え、性被害は性別に関わらず、誰にとっても他人事ではないという作り手の意識が感じられる。

「この絵本を通じてプライベートパーツについてコミュニケーションしていただき、性暴力の加害や被害がなくなる一助になることを願っています」(谷口さん)

2021年7月発売。初版6000部。現在15刷14万部

だいじ だいじ どーこだ?

遠見才希子 ,川原瑞丸

大泉書店

2021年7月9日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z