昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

「裸の子どもをどう洗おうか」親世代こそ知らない“子ども向け”性教育とは

『おうち性教育はじめます』(フクチマミ、村瀬幸浩 著)――ベストセラー解剖

2020/09/09
『おうち性教育はじめます』(フクチマミ、村瀬幸浩 著)KADOKAWA

 大切なのに積極的になれない性教育の知識を、易しく伝えるコミックエッセイが、口コミでヒット中だ。

「性教育というと性交の話の印象が強く、『イヤらしいこと』と不潔視されることが多いですが、本当は違うんですよね。実は親である私たち世代は十分に性のことを教わってきていない。だからこそ生まれる偏見や間違った認識に気づき正しい知識を得られれば、毎日の生活の中で自信を持って子どもに伝えられるようになります。そして、性にまつわるトラブルを防ぐことに繋がるんです。企画のきっかけは、私自身、息子が生まれてから男の子の体をどう洗うか、『うんち』『おちんちん』などといい出したときにどう対応するか、性犯罪への防犯意識をどう教えるかといった、日常的な心と体のケアに悩むことが多くなったこと。そんなとき、著者のフクチさんが親として同じような悩みを抱えていると知り、本書の企画をご提案したんです。性教育の専門家として村瀬先生に関わっていただいたのは、『性教育とは人権の話である』と明快に話されていたからです。人間関係を築く力を育てる学問だと知り、印象が変わりました」(担当編集者の因田亜希子さん)

 徹底した親目線が魅力。

「性教育に対する親の戸惑いを『私もそうです』という気持ちで否定せず、なぜそう感じるのかを掘り下げました」(因田さん)

2020年3月発売。初版6000部。現在10刷6万2000部

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー