昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「会うたびに1万円くれる」「失礼でしたよね」天童よしみvs.上沼恵美子 知られざる“ちびっこのど自慢”対決《爆笑初対談》

「のど自慢」、紅白、親の死——。数々の友情秘話が初めて明かされた、上沼恵美子さんと天童よしみさんによる「幼なじみ爆笑対談『家に滝があるんですって?』」(「文藝春秋」2022年10月号)を一部転載します。

◆◆◆

芸能界の「幼なじみ」だった

上沼 よしみちゃんは今年で歌手デビュー50周年。おめでとうございます。ほんまにすごい。

天童 ありがとうございます。何十年もの歳月を経て語り合えるのは恵美ちゃんだけ。ほんまに幸せです。

上沼 よしみちゃんと私はほぼ同い年。いわば芸能界の「幼なじみ」です。共演は何度もしていますけど、2人で対談は初めてですよね。

芸能界の「幼なじみ」と語る上沼さん(右)と天童さん

天童 ほんと。夢のようで。

上沼 私もです。よしみちゃんとの思い出といえば伊丹空港。もう30年以上前ですけど、よく出くわしたんですよね。私は長男と東京へ行くところで、よしみちゃんは新曲のキャンペーンで全国飛び回っていて。

天童 恵美ちゃんはまだ小さい子供さんをおんぶしていました。

上沼 会うたびによしみちゃんは1万円手渡してくれる(笑)。「裸でごめんね。これで飴でも買(こ)うたげて」って。

天童 本当ごめんなさい(笑)。礼儀知らず、失礼でしたよね。

上沼 3回ほどいただきました。テレビ局で会っても「子供さん、大きくなった?」と言って、また1万円くれる。だから私、1万円目当てによしみちゃんに会えるのを楽しみにしていました(笑)。それは冗談ですけど、ほんま気前のええ方です。誰も1万円なんてくれません(笑)。

上沼さん

天童 私も他の人にはあげません。

上沼 ほんま? みんなにあげてはるのかと思っていた。

天童 いやいや、恵美ちゃんだから。知り合いに会うたびに1万円あげてたら破産します(笑)。

小学校時代「のど自慢」で鎬を削った仲

上沼 初めてお会いしたのは小学校時代の「ちびっこのど自慢」。私も歌手を目指していたんです。

天童 「のど自慢」系の番組のスタジオに行くと、必ず恵美ちゃんがいて。当時は橋本(旧姓)恵美ちゃんでした。今でも鮮明に覚えていますよ、服装も。

上沼 スカートの下から毛糸のパンツが見えていたでしょ。懐かしいわあ。母が編んだピンクの毛糸のパンツです。

z