昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/22

ーーそれも離婚を忘れるためであったと。 

しらぴょん 自分に考える時間を与えない、できるだけ楽しい時間を過ごす。合コンではしゃいで、飲んで、そこで知り合った女性と「いいお店あるんだけど、今度一緒に行こうよ」と誘って、また楽しい時間を過ごすと。 

 この頃のことは、いまの妻にもちゃんと伝えてあります。彼女と付き合う時に「合コンがあと3件残ってるんですけど、どうしましょう」と聞いたら「行ってきなさい」と言ってくれたので、行かせてもらって。最後の合コンで「これを最後に、僕は合コンしないおじちゃんに戻ります!」って宣言しました(笑)。 

 

妻との電撃的な出会い

ーー奥様はパーソナルトレーナーをされている白石千賀子さんですが、やはり出会いはコンテストで? 

しらぴょん ベストボディジャパンで知り合いました。集団面接のなかに妻と私がいて、彼女も離婚していたんですね。そこで私が「離婚して別れた子供に、かっこいいお父さんだと思われたい」とベストボディに出た理由を話したら、それを覚えてくれていたらしいんです。 

 で、次の大会で彼女が知り合いの応援をしている時に私の写真を撮ってくれていて、ダイレクトメールで送ってくれたのをきっかけにやりとりするようになったと。2016年からお付き合いを始めて、2017年12月24日に結婚しました。 

ーーこりごりだった結婚を再び決意させたものって? 

しらぴょん それだけ素晴らしい女性だったので(笑)。 

妻の千賀子さんとのツーショット(本人提供)

ーー結婚式は挙げられたのですか? 

しらぴょん 式は挙げず、披露宴を。コンテスト仲間ばかり来たので筋肉だらけになりましたね。あと、ボディハッカーというマッチョの派遣会社を友達が経営していて、そこから上半身裸で蝶ネクタイとカフスだけを着けたお姫様抱っこ隊を呼んだりして。そうなると脱ぐ人もいましたし、私も脱ぎましたね。脱がされたというか。 

しらぴょんさんの結婚式の様子(本人提供)

 さらに妻はディズニーランドのダンサーもしていたので、その仲間たちがダンスを披露してくれて非常に楽しかったですね。 

写真=三宅史郎/文藝春秋

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(48枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー