昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/09/22

 それに、運動不足の方にいきなり強い負荷をかけたら身体を壊すだけ。ダイエットからさらに遠のきます。

 あと女性で多いのは、体重も見た目も太っていないのに体脂肪率が高い人、輪郭がもたついている方。こういう人は脂肪が多いというより、圧倒的に筋肉量が少ないんです。だから代謝も悪いんですが、そんな人がいきなり食事制限をしたら余計に筋肉量を減らしかねません。筋肉量を増やすためにも「きちんとした」食事を摂る。食事「制限」じゃなく食事「改善」しようということです。

 

「神やせ」では、たんぱく質の摂取を最重視

―ーそもそも我々中年女性は痩せにくいし、これまでの方法では続かないことを認めないといけないわけですね。そして食事を減らすと筋肉も落ちてしまう、と。

石本 美しく瘦せるには、代謝を上げてくれる筋肉は増やして、体脂肪を減らす食事が必要です。僕の方法は、森さんより短期間だけどライザップよりは時間をかける中間のイメージ(笑)。

 特に食事だけで成果を出す「神やせ」では、筋肉を維持するためにたんぱく質の摂取を最重視していて、1食20~30g、1日で60g以上摂取することを推奨しています。サラダチキン1個で約20g以上のたんぱく質が摂れるので、手のひら1枚分の肉で1食分のたんぱく質、と感覚的に覚えましょう。

 ちなみに、卵1個のたんぱく質は6g。朝食に卵2個の目玉焼き、それに納豆をプラスすれば20gはクリアできます。加えて、食事と食事の間隔は筋肉の分解を防ぐために6時間以内にし、夜だけ糖質を抜くことで筋肉の維持と体脂肪の減少を目指します。

森さんは納豆と卵を冷蔵庫に欠かさない

お菓子を食べるなら、添加物の少ない本物を

―ーそうはいっても、揚げ物やケーキを猛烈に食べたくなりませんか。今も目の前にあるお茶菓子を全く手に取らないし……?

石本 僕は甘いものよりハンバーガーとかが好きなんです(笑)。「神やせ」でもお団子やどら焼きといった脂質の少ない和菓子を昼食の献立として入れていますが、甘いものを断つストレスで挫折するくらいなら、食べる時間を考えるのと、その分の運動を取り入れればいいと思います。