文春オンライン
文春野球コラム

甲子園でサヨナラ本塁打を打たれて…広島・小林樹斗が両親に伝えた「ありがとう」

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/10/04

「これからも謙虚でいく」。広島・小林樹斗は、誰に指図されるのでもなく、自分でそう決めた。それは、世代トップクラスの投手として名前が全国に知れ渡り始めた高校3年の頃。これから想像を超える評価をもらえることもあるかもしれない。そんな日が来ても勘違いせず、素直に、謙虚で、真摯に野球に取り組むと心に誓ったのだ。

小林樹斗

「謙虚でいなさい」 野球の経験のない父からの教え

 振り返れば、小さい頃に父・英樹さんから何度も伝えられていた。「謙虚でいなさい」。その教えを忘れることなく、高校生でプロ注目選手となった自分自身に言い聞かせるようになった。

 野球の経験のない父は、少年野球の試合をよく見に来てくれた。「今日の試合、カッコよかったなー」「今日の投げ方、めちゃくちゃええと思うで」。父から褒められると、野球がもっと好きになった。新しく買ってもらった道具は、枕元に置いて一緒に寝た。そうして小林少年は、すくすくと育っていった。

ADVERTISEMENT

 中学時代も智弁和歌山に進学後も、両親は毎試合のように現地で応援してくれた。初めて甲子園のマウンドに立ったのは2年春の選抜大会。大会期間中は両親への連絡を控えて、目の前の試合に集中した。迎えた準々決勝・明石商戦では、自己最速を大幅に更新する147キロを計測して観客を驚かせた。しかし、それを上回る同学年がいた。同点の9回。のちにオリックスに入団する来田に自慢の直球を捉えられ、サヨナラ本塁打が右翼席に消えた。

 悔しくて、悔しくて仕方がなかった。それでも甲子園に立てた感謝を忘れる青年ではない。試合後、一本の電話を入れた。「ここまで育ててくれてありがとう」。そう両親に伝えてから自宅に帰った。

「甲子園でもっと勝ちたかった。だけど、あそこまで行くことができたのは、お父さんとお母さんがいてくれたから。改めて感謝の気持ちを伝えたいと思ったので、電話で少し話をしました」

文春野球学校開講!