文春オンライン

連載文春図書館 ベストセラー解剖

「孫に戦争や平和について考えてほしくて」今、世界で何が起きているのか…教えるために知っておきたい“地政学の基礎”

『13歳からの地政学』(田中孝幸 著)――ベストセラー解剖

2022/10/05
『13歳からの地政学』(田中孝幸 著)東洋経済新報社

 不思議な老人と、高校生と中学生の兄妹による会話を通じ、地理的条件から国際政治をわかりやすく解説した本書がヒット中。

「国際政治記者の著者が本書を執筆したきっかけは、自身の13歳になる息子に世界で起きていることについてわかりやすく伝える本を探しても見つからなかったことでした。私自身、国際ニュースを見ても、前提知識が乏しく理解が難しいことにコンプレックスがありました。しかしこれならば、今世界で起きていることの基礎がわかりやすく学べると思いました」(担当編集者の若林千秋さん)

 世界の船の行き来を仕切るアメリカが最強である理由、「遠交近攻」の外交テクニック、地形で決まる国の運不運、なぜ戦争を起こそうとするのかなど、世界情勢の見方が多岐に渡り描かれている。発売日がロシアによるウクライナ侵攻の翌日であったことも、売れ行きを後押しした。タイトルに「13歳から」とあるとおり、中高生からウクライナ情勢について子供に説明するために読んでいるという大人まで、読者層は幅広い。

ADVERTISEMENT

「親が戦争を経験した世代の方から、『孫に戦争や平和について考えてほしくて読ませています』というメッセージをいただいたときはうれしかったです。本書が世界に目を向け、今起きていることについて考え続けるきっかけになることを願っています」(若林さん)

2022年2月発売。初版7000部。現在9刷13万2000部(電子含む)
13歳からの地政学: カイゾクとの地球儀航海

13歳からの地政学: カイゾクとの地球儀航海

田中 孝幸

東洋経済新報社

2022年2月25日 発売

「孫に戦争や平和について考えてほしくて」今、世界で何が起きているのか…教えるために知っておきたい“地政学の基礎”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー

関連記事