昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アントニオ猪木さん弟が明かす”最後の40分” 闘病支えた妻の存在

source : 提携メディア

genre : エンタメ, スポーツ, ライフスタイル

 
 

「本当に眠って、ただ朝方「おいおい」と呼んだだけで、それで他に何もなく苦しみもなく逝ってしまったと」

 

めざまし8のカメラの前で、涙を浮かべたのは、10月1日に心不全でこの世を去った、アントニオ猪木さんの弟・啓介さん。兄・猪木さんとの最後のやりとりが明かされました。

アントニオ猪木さんの弟・猪木啓介さん:
苦しんで死んだわけじゃないし、本当に眠って。
ただ朝方、「おいおい」と呼んだだけでそれで、他に何もなく、苦しみもなにもなく逝ってしまったと、まあ、素晴らしい人生だったんじゃないんですかね。
みんなに好かれて幸せに旅立ったんじゃないかと思いますけどね。

 

亡くなる直前、猪木さんの部屋を訪れた啓介さんは、こう呼び止められたといいます。

アントニオ猪木さんの弟・猪木啓介さん:
兄貴から最後というか、30日の晩ですね。
色々と我々遅くまでいて、たまたま兄貴が「ちょっと来い」という合図をしたので。
部屋の方に入っていって、横になって「ドアを閉めろ」と言うから、何か俺に言いたいことがあるのかなと思って、ドアを閉めて横に座ったら、何か口をパクパクしていることは事実なんですが、何を言っているのか、ちょっと言葉がはっきりしてないので分からなかったので。
「何?」いう質問をしたんですが、そのまま眠るように目をつぶって、たまに目を開けてある場所だけをじーっと見ているので、「あぁ誰かお向かいに来てるのかな」って感じだったんですよね

その数時間後のことでした。

アントニオ猪木さんの弟・猪木啓介さん:
顔を触ったらまだまだぬくもりも普通でしたから、大丈夫なのかなと思って見てたんだけど、息もしてないようだし、先生が来てから、すぐに診断したら死亡しておりますということで、7時40分という時間で死亡診断書を書かれました

啓介さんが見守る中、猪木さんは、静かに息を引き取ったといいます。

「ファンのことはすごく大事に」弟が語る“アントニオ猪木”