昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

アントニオ猪木《日本初のプロレスラー議員》が握手した有権者は90万人……それでも“政界進出”に苦戦した理由とは

『アントニオ猪木』より #1

2022/05/03

「国会に卍固め!」「消費税に延髄斬り」――アントニオ猪木は、日本で最初に政界進出に成功したプロレスラーである。高い知名度、スター性から当選確実と思いきや、その道は苦杯の連続だった。

 いったい何が“燃える闘魂”の政界進出を阻んだのか? プロレス&格闘技ライター瑞佐富郎氏の新書『アントニオ猪木』より一部を抜粋。(全2回の1回目/後編を読む)

アントニオ猪木が政界進出で味わった苦杯とは? ©文藝春秋

◆◆◆

「世の中が乱れた時こそ、俺の出番」

「国会に卍固め!」

 猪木が1989年夏、初めて国政にチャレンジした時のキャッチフレーズである。ところでこの謳い文句、実は、以下のような続きがある。

「消費税に延髄斬り」「北方領土問題には腕ひしぎ逆十字」

 前年にはリクルート事件があり、「政治とカネ」への関心も高まった、いわば、政治の課題や問題が多い中での転身だったのだ。

 猪木は出馬会見で、こう語っている。

「世の中が乱れた時こそ、俺の出番」

 こちらは幼少期より、親族から教え込まれた言葉だとのこと(正確には、「お前の出番」だと言い含められていた)。実際、猪木の父・佐次郎は、当時の自由党から横浜の市会議員に立候補している。また、師匠の力道山も政治家転身に色気を見せていて、現に、後の総理大臣である中曽根康弘をその若手議員時代に可愛がり、自身の経営する『リキ・パート』に住まわせていたほどである。なお、両者の共鳴点は「首相公選制」。首相を国民投票で選ぶという制度だが、中曽根が標榜していたこのシステムに、当代一の人気者だった力道山が呼応したのはうなずけよう。

 とは言えである。力道山は刺傷により、享年38で急逝。佐次郎は、まさに初出馬の遊説中に心筋梗塞で急死。猪木は当時5歳で、この佐次郎の記憶は、ほとんどないという。

 要は、生みの親、そして、プロレスラーとしての育ての親の両方が政界入りを夢見ながら、猪木はその薫陶は受けられなかったのである。

 にもかかわらず、自身は初出馬で初当選。それは日本における初のプロレスラー議員の誕生であり、今までの既成概念にとらわれない、新たな議員像の出現でもあった。当選直後、猪木は、求める政治家としてのビジョンについてこう語っている。