昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

NHK ロンブー淳の番組『スポヂカラ!』で「偽店長」の感動ストーリーを放送…判明後に隠蔽の疑いも

 NHK BS1の番組で事実と異なる内容が放送され、さらにその事実が発覚した後もNHKが誤りを公表せず、内密に修正し、隠蔽しようとしていた疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

 その番組とは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が司会を務める『スポヂカラ!』。震災やコロナ禍、過疎など課題を抱える地域が、スポーツの力で変わっていく姿を追うドキュメンタリーだ。これまで、被災地・釜石市のラグビーチーム、人口減少の進む秋田のバスケチームなどを取り上げている。

MCのロンブー淳 ©時事通信社

“事件”が起きたのは7月30日放送の〈甲子園 目指せる島へ~鹿児島 奄美大島~〉。大島高校が今春のセンバツに出場したことを機に、学校だけでなく、奄美に縁のある人々が活気づく様子を特集した回だ。ここでは、都内の奄美の郷土料理店に勤務する、奄美出身のA氏が登場する。

 番組では「店長」「奄美の郷土料理店を営む」と紹介され、鉄道会社を辞めて店を開いた経緯やコロナ禍で苦労した物語が、ナレーションや本人の証言を軸に描かれる。

「大島高校の生徒が作った学校新聞を読んで感銘を受け、奄美の魅力を伝えるべくイベントに出店する場面も。スタジオにも出演し、ロンブー淳さんとトークするシーンもあった」(NHK関係者)

公共放送としての姿勢が問われる

 しかし――。あるNHK局員が声を潜めて明かす。

「Aさんは実は、店長ではありません。店に勤めている、いち料理人なのです」

 店長はA氏とは別の男性B氏であり、オーナーも別人だという。

「それ以外にも、事実とかけ離れたストーリーが番組の中で語られる」(同前)