文春オンライン

「阪神じゃない…!」サッカーW杯のさなか、“熱烈な虎党”デイリースポーツが報じた「意外なニュース」とは

2022/11/29

 サッカー日本代表の決勝トーナメント進出は、スペインに勝てば自力進出・負ければ敗退。ワールドカップはすごい展開に。ではここまでの報道をおさらいします。

 初戦は日本がドイツに歴史的な勝利。となるとどうしても気になったのが翌日のスポーツ紙である。それは、

「デイリースポーツの一面は何か?」

©JMPA

 デイリーは熱烈な阪神タイガース推しであり、常に一面記事が阪神なのだ。今回に似たケースを振り返ろう。2015年9月、ラグビーのワールドカップで日本代表が南アフリカを破る大金星を挙げた。あのときスポーツ紙はどう伝えていたか?

『ラグビー日本 歴史的大事件』(日刊スポーツ)
『エディーJAPAN 日本スポーツ最大の番狂わせ』(スポーツ報知)
『日本大金星 ドロー捨て終了間際奇跡トライ』(サンケイスポーツ)
『ラグビー史に刻む世紀の逆転トライ エディーの奇跡』(スポーツニッポン)

 ではデイリーを見てみよう。

『和田ズバリ!! 猛虎8点圧勝』(デイリースポーツ)

 阪神だ! 当時の和田監督率いるタイガースの大勝を伝えていた。さすがです。

 では今回はどうだったのか。ドイツ戦翌日の一面はこちら。

『ドーハの歓喜 日本勝った』(日刊スポーツ)
『ドイツに逆転勝ち ドーハの奇跡』(スポーツ報知)
『ドーハの奇跡!! 逆転ドイツ倒』(サンケイスポーツ)
『歴史的!! ドイツに逆転2-1 堂安 浅野 弾』(スポーツニッポン)
『浅野 堂安 大金星』(東京中日スポーツ)

 さぁ、デイリーは……