文春オンライン

「100人くらい殺すつもりでした」実の家族5人惨殺の兄弟(18歳・16歳)が語った「世にも恐ろしい殺人計画」《べバー家の惨劇》

『トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル』 #1

 一晩のうちに、家族9人中5人を殺害……逮捕された長男(当時18歳)と次男(当時16歳)が明かした「あまりに恐ろしい殺人計画」とはいったい?

 犯罪大国アメリカで実際に起きた凶悪殺人事件の真相に迫る、同名の犯罪ドキュメンタリー番組を書籍化した『トゥルー・クライム アメリカ殺人鬼ファイル』(平山夢明監修)より一部抜粋してお届けする。(全3回の1回目/#2#3を読む)

なぜ家族5人を殺害したのか? そして兄弟の胸に秘められた「恐るべき殺人計画」とは? 写真はイメージです ©getty

◆◆◆

閑静な住宅で発生した夜更けの惨劇

「2人の兄に家族が襲われています……、いますぐ助けに来て!!」

 オクラホマ州ブロークン・アローから、そんな一本の緊急通報が入ったのは、2015年7月22日、午後11時30分のことだった。

 通報者はダニエルという12歳の少年。パトカーはすぐにブロークン・アローのベバー家に急行した。

 車を降りた警官たちの目にまず飛び込んできたのは、玄関前のポーチに見られる血痕だった。即座にこれがいたずら電話の類でないことを彼らは察した。

 周囲は住宅街で、ひっそりと静まり返っている。警官は、ピストルに手をかけながら、恐る恐るドアをノックした。

 すると、家の中からかすかに助けを求めるような声が聞こえてきた。警官が慌ててドアを開けて飛び込むと、1人の少女が大量の血を流しながら、床に突っ伏しているのが見えた。13歳のクリスタルだ。

「おい、大丈夫か! いったい何が起きているんだ!」

 警官が彼女にそう尋ねると、クリスタルは力を振り絞るようにして、こう答えた。

「兄たちが……家族を……」

 どうやら、家庭内の凶行らしい。警官は邸内を見回した。そこかしこにペンキを撒き散らしたかのような血痕が確認できる。しかし、そんな惨状とは対照的に、物音はひとつも聞こえてこない。

 警官は引き続きピストルから手を離さず、慎重に周囲を検めはじめた。

 ふと、室内から家の外まで、血痕混じりの足跡がつづいているのが見えた。すぐに外の警官に連絡を入れ、警察犬を投入させる。

 犬たちもこれがただならぬ状況だと感じているのか、時折、興奮気味に「バウ……バウワウ!」と吠え立てながら、足跡をたどっていく。

 警察犬の向かう先は、ベバー家の裏庭のすぐ近く、小さな林の茂みだった。そこにうずくまるようにして身を隠していたのは、18歳のロバートと16歳のマイケル、ベバー家の2人の息子たちだった。

 返り血と泥にまみれた2人の姿を見て、警官は迷わず身柄を拘束。しかし、内心ではにわかに信じられない思いであった。茂みの中に身を隠すような幼稚な2人が、これほど凄惨な事件を巻き起こすことなどあり得るのだろうか?

 一体この家で何があったのか。そして彼らの目的は何なのか。

 すべては法廷で明らかにされることとなる――。

関連記事