文春オンライン

連載テレビ健康診断

「とにかく1位を獲りたい」白熱した川島vs春日の“テレビ出演本数バトル”、勝ったのは…――てれびのスキマ「テレビ健康診断」

『ラヴィット!』(TBS系)

 いまやすっかりテレビの朝の風景を変えた『ラヴィット!』(TBS)。日を追うごとにお笑い濃度を強め、「オープニング」がどんどん長くなっていき、もはやひとつのコーナーのように。放送時間の半分の1時間を超えても「それでは『ラヴィット!』スタートです」というMCの麒麟・川島明の宣言がされないことも珍しくなくなった。12月6日のオープニングもそう。その最後に川島とゲストのオードリー春日が「調べたいこと」として発表されたのが「2022年テレビ番組出演本数ランキング」だ。ニホンモニター調べでは上半期、1位・川島、2位・バナナマン設楽、3位・春日という順だった。

麒麟・川島明 ©文藝春秋

 帯番組のレギュラーがないにもかかわらずトップを狙える位置につけた春日は、自身の番組などで「とにかく1位を獲りたい」と事あるごとに公言。「スベってヘコんでる時間あったら、その時間に1本ロケ入れてほしい!」とまで語り、ラストスパートの11月には『バゲット』(日本テレビ)の準レギュラーになって猛追。対する川島も『あちこちオードリー』(テレビ東京)にゲスト出演した際に「今年バリバリ1位狙ってる。人生で1回ぐらい一番出た人間になりたい」と意外なことに前のめり。対決ムードが高まっていた。

 そんな盛り上がりもあってか、ニホンモニターは例年の発表時期をずらし、2人が揃う『ラヴィット!』生放送で結果を発表する粋なはからいをしたのだ。「いただきます、チャンピオン」と自信満々の春日に「勝って春日さんに『残念でございやしたね』と言ってあげたい」と返す川島。春日も「くーーっ! 痺れるね!」と応戦する緊張感の中、発表された3位がまさかの春日。そして「頼む!」と祈りながら結果を聞く川島だが、無情にも設楽にかわされ2位。川島が「すごい空気だ……」とつぶやいたようにスタジオは何とも言えない空気に。

オードリー・春日俊彰 ©文藝春秋

 けれど、オードリー若林が「気にしているタレントがいるのかな?」と疑問を持っていたように、注目されているとはいえなかったランキングも、彼らが言葉にして「物語」が生まれたことでエンタメとしての価値が高まることを証明した熱い“対決”だった。川島と春日は健闘を称え合うようにがっちり握手をした。

 その夜、『午前0時の森』(日本テレビ)でももうひとつの「出演本数ランキング」が発表された。こちらはエム・データのもの。それぞれの会社が微妙に違う規定で集計しているため結果が異なる。それも2人が話題にしていたことで知れたことだ。こちらでは春日が見事に1位を獲得。「クミさーーーーん!」と妻の名を呼び歓喜の声をあげた。自らの言動でその価値を高めながら前人未到の快挙を成し遂げたのだ。

『ラヴィット!』
TBS系 月~金 8:00~
https://www.tbs.co.jp/loveit/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー