文春オンライン

《日本はなぜ没落したか?》匿名の学者集団「グループ1984年」が発表した“すごい予言”

2022/12/27

匿名の学者集団による没落の予言が時代を超えてよみがえる――。京都大学名誉教授の佐伯啓思氏の「『日本の自殺』を読み直す」(「文藝春秋」2023年1月号)を一部転載します。

◆◆◆

「日本の没落」を高々と予言した

 本誌に「日本の自殺」と題する論考が発表されたのは1975年2月特別号であった。その刺激的なタイトルが当時の論壇に多大な刺激を与えたことは想像に難くないが、話題提供はタイトルだけのことではない。確かに70年代の初頭には、戦後日本を支えた高度成長の終焉という気分が広がっていた。成長よりも環境へと世論は風向きを変えており、74年の成長率はマイナスになる。また列島改造を掲げて登場した田中角栄はこの74年に権力の座から退場していた。

 世界を見ても、71年のニクソン・ショック、73年の第四次中東戦争から石油ショックによる先進国の経済混乱は世界同時不況やスタグフレーションを引き起こそうとしていた。日本もその混乱の渦に巻き込まれていたとはいえ、それほど強い危機感に覆われていたわけではない。まだ高度成長の余熱はあったし、アメリカの混乱をよそに、先端産業の競争力への期待も多分にある。そういう時代に「日本の没落」を高々と予言したのが本論文である。

掲載された実際の誌面(「文藝春秋」1975年2月特別号)

 著者名に「グループ一九八四年」とある。匿名の学者集団である。グループ名から推測できるように、本書は、オウエルの『一九八四年』をもじって、10年後の日本を予測するものともみなされた。

 では10年後、どうなったのか。80年代の半ば、日本は85年のプラザ合意によって点火されたかのようにバブル経済へ突入する。若い女性を中心として高級ブランド品の消費ブームが沸騰し、人々は明かりに群がる蛾の群れのように不夜城で踊っていた。1人当たりのGDPでほぼアメリカと並ぶまでになり、文字通り、戦後の悲願であった「アメリカへ追いつけ」が現実化しつつあった。

 それはまた、世界的な経済混乱の70年代後半を日本は見事に乗り切ったことを示している(この時期の成長率は4.4%である)。この頃、日本は、半導体、自動車、家電、機械などの先端産業分野で世界を牽引するまでになり、日米間に激しい「経済戦争」を引き起こす事態となっていた。少し後のバブル期になるが、私は、何人かの経済系の評論家やビジネスマンから「このままでいけば、日本は全く向かうところ敵なし、一人勝ちになるぞ」というようなご宣託を何度か聞かされたことを思いだす。

 では本書はカッサンドラの予言にも似て、誰にも信じてもらえない陰鬱な予言だったのだろうか。決してそうではない。それどころではない。本論文を読めば、この「グループ」の高い先見性に驚かされる。しかもそれは、われわれが、あの虚栄の80年代を知っておればこそ、なのである。

日本の本当の課題はどこにあるのか

 75年に発表された論文は、2012年(平成24年)に『文藝春秋』3月号に再録され、また同年に文春新書『日本の自殺』として書店にならぶこととなった。2012年といえば、前年に東日本大震災や福島の原発事故に見舞われ、民主党政権下、政治も経済も社会状況も混迷をきわめ、この年の総選挙後に第二次安倍政権が誕生するというその矢先である。

 そしてその後また10年が経過した。この10年をどう評価するかは難しい。アベノミクスの評価も難しい。新型コロナの3年があり、ロシアのウクライナ侵略があり、米中対立があり、混乱は世界中をかき回している。だが世界情勢はひとまずおいても、確かなのは、大半の日本人が「日本の没落」をかつてなく強く感じ取っているということだ。「日本の一人負け」などという自虐的な嘆息も聞かれるが、このままでは「日本に将来はない」という悲観的気分がこの列島に広がっている。