文春オンライン

「創価学会の本部職員は辞めたけれど、脱会はしていないんです」学会元理事長の息子が鈴木エイトに明かした“宗教2世”の葛藤

鈴木エイト×正木伸城

2022/12/25

 2022年7月の安倍元首相銃撃事件以降、「宗教二世」について注目が高まった。ジャーナリストの鈴木エイトさんと、創価学会理事長だった正木正明氏を父に持つ正木伸城さんの対談を『週刊文春WOMAN2023創刊4周年記念号』より、一部編集のうえ紹介する。

◆◆◆

父親は創価学会でナンバー2の幹部

鈴木「伸城(のぶしろ)」というお名前はあの池田大作さんが名付け親なんですよね?

正木 はい。ちょうど父(正木正明氏。「創価学会」元理事長)が幹部として勢いが出てきた頃に僕が産まれて、父が池田氏に名付けを頼んだそうです。

正木伸城さん

鈴木 池田大作さんについて世間の目下の関心は、果たして存命しているのか、というところだと思うんですが、どうなんでしょうか。

正木 正直僕も今の状態についてつぶさにはわからないんですけど、学会内では「お元気な池田先生」というワードが現在も飛び交っています。もし亡くなったとしたら、7日以内に死亡届を出さないといけないとか、いろいろと違法のラインがあるので、ちまたで陰謀論的に語られるような形で死亡を隠すということは、さすがにないんじゃないかなと思います。

鈴木 正木さんのお父様は、学会の組織ではナンバー2だったわけですが、どうやって教団内で頭角を現してきたんですか。

鈴木エイトさん

正木 いろいろ要因はありますよね。演説が上手かったことも一因だと思います。学会では「指導」と言うんですが、会員さんが喜ぶように、信心の理解が深まるように喋ることができるというか。