文春オンライン

未解決事件を追う

「水が黒くて、変な味がする」とクレーム、ホテルのタンクに緑色に腐乱した女子大生の裸体が…LAで起きた怪死事件の映像がネットで大拡散されたワケ

エリサ・ラム怪死事件

2023/01/04

genre : ニュース, 国際

 2013年1月31日、中国系カナダ人のエリサ・ラムがロサンゼルスのダウンタウンにあるセシル・ホテルから忽然と姿を消した。連絡が取れないことを心配したエリサの両親が警察に通報するも、エリサの痕跡は一切見つからなかった。

 そんな中、ホテルの客から「水の出が悪い」と苦情が寄せられ始め、ホテルの担当者がその件について調査した際に、ホテルの屋上の貯水タンク内でエリサの遺体を発見した。エリサの遺体は全裸で、衣服や所持品は遺体の近くの水の中に浮いていた。ロサンゼルス郡検死局は4ヶ月後に検死報告書を公開し、遺体には外傷の形跡はなく、死亡した原因は不慮の事故によるものだったとした。

 しかし、警察が遺体が発見される5日前に公開した生前最後の映像では、エリサはエレベーターを出たり入ったりし、時折エレベーターの中に身を隠すような怪奇な行動を見せていたことから、この事件は世界中から関心を惹き付け、広く議論の的となった。アメリカでは重大なミステリー事件の一つとして今も注目されている「エリサ・ラム怪死事件」とは何だったのか? 本当にただの不慮の事故だったのか? 

◆◆◆

監視カメラが捉えていたエリサの不可解な行動

 ロサンゼルスのダウンタウンには、“スキッド・ロウ”と呼ばれる、ホームレスの人々が多数居住し、犯罪も多発している地区がある。2013年2月19日、そのスキッド・ロウからわずか数ブロックのところにあるセシル・ホテルで変死体が発見された。

「水の出が悪く、黒っぽく濁っており、変な味がする」という宿泊客たちのクレームを受けて、ホテルのメインテナンス係が屋上に設置されている貯水タンクの点検に行ったところ、水の上に仰向けに浮かんでいる、緑色に腐乱した裸体を見つけたのである。それは、1月31日から行方不明になっていたエリサ・ラム(21歳)という、中国系カナダ人の女子大生の遺体だった。

©iStock.com

 検死の結果、性的暴行を受けた痕跡や肉体的外傷がなかったこと、また事件性も見出されなかったことから、ロサンゼルス警察は、エリサが患っていた双極性障害に起因する、不慮の事故による溺死と判断した。

 しかし、遺体が発見された場所が貯水タンクの中だったことや、行方不明になった当日、エレベーターの監視カメラがエリサの不可解な行動を捉えていたことから、今でも、その死は、“未解決のミステリー”となっている。