文春オンライン
ハッキングによって数十秒で窃盗されたレクサス、車上荒らしで廃車に追い込まれた86…自動車オーナーが体験した悲痛すぎる“盗難被害”の実情

ハッキングによって数十秒で窃盗されたレクサス、車上荒らしで廃車に追い込まれた86…自動車オーナーが体験した悲痛すぎる“盗難被害”の実情

2023/02/23

 大切な愛車が盗まれるリスクについて、日頃から考えているオーナーはそう多くないかもしれない。しかし日本全国において、自動車盗難事件は1日あたり約14件も発生している(*1)

*1 警察庁発表の自動車盗難認知件数(2021年、5182件)をもとに算出

 さらに、盗難のターゲットになるのは希少な高級車だけではない。プリウスやアクア、アルファードやハリアーなど、売れ筋の車種も盗難件数ランキングの上位に入る。盗難被害に遭うリスクは、思いのほか身近に潜んでいるものなのだ。

ADVERTISEMENT

 そうは言っても、被害を防ぐにはどうすればいいのだろう。ここでは、盗難に遭ったオーナーの悲痛な体験談を取り上げながら、警察やカーセキュリティの専門家が考える“効果的な盗難対策”を紹介していく。

盗難後、被害車両の位置を特定するも……

 昨年8月、Aさんはレクサス・LCを購入。レクサスでも高価な車種だが、盗難のターゲットとなるケースをあまり聞かないことから、大がかりな対策はしていなかったという。

 しかし納車からわずか1ヶ月、Aさんは思わぬ形で愛車が盗まれたことを知る。

盗難後、発見されたAさんのLC

「外出中、iPhoneに見たことのない通知が来たんですね。万が一のために、車にAirTag(Bluetoothを用いたAppleの紛失防止用アイテム)を載せていたのですが、それが駐車場から移動しているという通知でした。

 最初は盗難の可能性に思い至らず、何かの間違いだと思っていましたね。でも、それからまた通知が来て、今度は数キロ以上も移動していたんです。『あ、これはヤバい、盗まれたんだ』と思って、すぐに警察に通報しました」(Aさん)

 窃盗に用いられた手口は、小型デバイスにより車両制御プログラムをハッキングする「CANインベーダー」であり、純正セキュリティは難なく突破されていた。加えて、純正のGPS装置も逃走前に取り外されていたという。

車内からはドライブレコーダーも外されてしまっていた

「現場検証に来た警察官に、車の位置が把握できていることを伝えると、本部に連絡を取ってくれて、即座に捜査をはじめてもらえたんです。

偽装されたナンバープレート

 その後、車はコインパーキングに置かれているところを発見されましたが、犯人はその場を離れており、捕まえることはできませんでした。車のナンバープレートは精巧に加工されていて、警察は『完全にその筋のプロだろう』と話していました」(同前)

関連記事