文春オンライン

「50で出産なんて、子どもがかわいそう」という声も…超高齢出産した女性(55)が感じた「高齢育児のメリット」とは

50歳で初産・沢えりかさんインタビュー #2

2023/01/20

 50歳で初産を経験した沢えりかさん。もともと日本でフリーアナウンサーとして活躍していた沢さんは2014年、46歳のときに「最短距離で子どもを作るため」に渡米し、49歳で国際結婚。見事50歳で出産をし、現在は夫の連れ子を含む2人の子どもを育てている。

「子どもが欲しい」というまっすぐな思いを50代で実現させた沢さんに、高齢出産・高齢育児のリアルを聞いた。(全2回の2回目/最初から読む

沢えりかさんと、2歳半のときの息子さん(本人提供)

◆◆◆

アメリカでの婚活事情

――46歳で渡米されたということですが、パートナーの方との出会いは?

沢えりかさん(以降、沢) 友人の紹介でした。私はニューヨーク在住なんですけど、アメリカの都市部でのパートナー探しはデーティングシステム、日本で言う出会い系サイトやアプリみたいなものを使うか、バーでナンパするか、友だちの紹介のどれかですね。

――そもそも沢さんは子どもを作るためにアメリカ留学したんですよね。相手にも子どもを持つ意思があるかどうか、早く確認する必要があったのでは。

 私の場合はすでに40代を迎えて生理が不規則になっていて、本当に時間がないと思っていたので、デーティングシステムを使っていたときから「早く子どもがほしい」と伝えていました。なので、その要望に対してOKという人とだけデートしていましたし、夫に会ったときも最初の方で希望は伝えていました。

――関係性が浅いうちに子作りの話を切り出すのは勇気がいりませんか。

 ほとんどの人が引きます。だから気をつけながらプッシュするんですけど、やっぱり多くの男性が長くデート期間を楽しみたいし、子どもはまだ考えられないという人が大半ですよ。

――そんな中で出会ったパートナーの方は、子どもを望む珍しい男性だったということですか?

 そうですね。だからちょっとビックリしました。夫は出会ったときはシングルファーザーで、7歳の女の子の子育て中でした。

――自分が生んだ子と連れ子、どちらも同じようにかわいがれるか、不安はなかったですか。