文春オンライン

連載春日太一の木曜邦画劇場

アウトロー女性の闘いを描く、五社英雄監督のアクション時代劇――春日太一の木曜邦画劇場

『十手舞』

2023/01/16
1986年(116分)/松竹4180円(税込)

 五社英雄監督のキャリアは大まかに二分できる。

 前期はフジテレビに所属していた一九七〇年代までで、後期はフリーになった八〇年代以降。前期は主に時代劇を中心に刺激的なアクション表現を追求し、後期はアウトローの世界に生きる女性たちの情念を掘り下げていった。

 今回取り上げる『十手舞』は八六年の製作なので後期だが、この時期では珍しく前期的な凝ったアクションも盛り込もうとしている。そういう意味では前後期双方の要素を合わせた集大成――といえなくもない。実際、五社自身が原作も書いており、かなり力を入れていたといえる。

 町奉行の孫兵衛(渡瀬恒彦)は斬罪される悪党たちから声を奪って秘密裏に生かし、「影十手」という直属の殺し屋として使っていた。影十手の一人・弥助(川谷拓三)は米相場を操る黒幕・牙の伝蔵(地井武男)を急襲するも、伝蔵の情婦・お蝶(石原真理子)に邪魔をされて取り逃がしてしまう。この時、弥助は気づく。お蝶は幼い時に生き別れになった娘だったと。

 やがてお蝶は捕縛され、彼女を守ろうとして弥助は命を落とした。お蝶は父の跡を継いで影十手になる――。

 この設定だけでもワクワクするし、脇のキャラクターたちも良い。悪党を仕留めるためなら影十手たちの命など何とも思わない孫兵衛を演じる渡瀬の冷酷な恐ろしさ。ライバルのおれんを演じる夏木マリのモンスター的な迫力。伊吹聰太朗、佐藤京一、福本清三という剣豪俳優たちの演じる刺客三人組の殺気も鮮烈だ。

 撮影=森田富士郎、照明=中岡源権、美術=西岡善信、音楽=佐藤勝と、幾多の名作時代劇を彩ってきた名スタッフたちもそれぞれに手抜かりない仕事をしており、映像のディテールも完璧だ。

 これだけ揃えば最高に盛り上がる時代劇となりそうなものだ。が、結果として本作は珍妙な印象ばかりを残す作品になってしまっている。

 新体操のリボンを使った石原の殺陣。テレビドラマでCM前後に入るアイキャッチを意識して、唐突に何度も挿入される夏木や石原のダンス。ブルース・リーのモノマネをしながら刀を振り回す竹中直人。五社が新しい刺激を求めて盛り込んだアイデアが、ことごとく足を引っ張ったのだ。

 撮影中に石原が私生活で大けがを負ったために主人公の出演場面を大幅に削らざるをえなくなり、物語のバランスがおかしくなったのも痛い。

 いろいろと惜しい作品ではある。それでも、巨匠の立場になってもなお、あえて若手時代の志を取り戻そうとした五社の想いを少しでも感じ取っていただけたらと思う。

やくざ映画入門 (小学館新書 か 22-1)

やくざ映画入門 (小学館新書 か 22-1)

春日 太一

小学館

2021年9月30日 発売

時代劇聖地巡礼

時代劇聖地巡礼

春日太一

ミシマ社

2021年4月20日 発売

大河ドラマの黄金時代 (NHK出版新書 647)

大河ドラマの黄金時代 (NHK出版新書 647)

春日 太一

NHK出版

2021年2月10日 発売

日本の戦争映画 (文春新書)

日本の戦争映画 (文春新書)

太一, 春日

文藝春秋

2020年7月20日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー