文春オンライン
《もう一度遊びたいスーファミランキング》ドラクエⅤは4位、マリオカートが2位。1位は誰もが納得のあのソフト あなたの“最愛”はランクインしている?

《もう一度遊びたいスーファミランキング》ドラクエⅤは4位、マリオカートが2位。1位は誰もが納得のあのソフト あなたの“最愛”はランクインしている?

genre : エンタメ, 娯楽

【8位 MOTHER2 ギーグの逆襲】

MOTHER2 ギーグの逆襲

 8位に入ったのは、ファミコンの人気作「MOTHER」の続編。地球の命運を担う戦いにもかかわらず、糸井重里氏が手掛けたゲームデザインとシナリオは軽妙で、細かく仕掛けられた小ネタやセリフのインパクトも大。木村拓哉が「マーザーツー、マーザーツー」と歌うCMを思い浮かべる人も多いはず。キャッチコピーは「大人も子供も、おねーさんも。」。

「子どもの頃はもちろん大人になっても楽しめ、まさに“大人も子供も、おねーさんも。”な作品」(男性・41歳)

「他のRPGとは一線を画す独特なセンスが印象的」(女性・33歳)

ADVERTISEMENT

「何度やっても飽きない、そして幾度も挑戦できる永遠の名作です」(男性・37歳)

【7位 ストリートファイターⅡ】

ストリートファイターⅡ

 

 アーケードで日本中で大流行した対戦型格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ」の移植版。↓↘→+パンチボタンで出す必殺技「波動拳」はあまりにも有名で、2D対戦格闘ゲームの原型になった作品。実写映画などメディアミックスも豊富に展開されました。キャッチコピーは「俺より強いやつに会いに行く」。

「アーケードゲームが無限に自宅で出来る感動。昇竜拳、KEY操作で四苦八苦したのを鮮明に覚えている。春麗にもう一度会いたいな」(男性・62歳)

「対戦ゲームと言えばこれは絶対外せません。友人達との対戦がほとんどでしたが、RYUやKENの使用禁止など独自のルール設定をして遊んでいました。昇龍拳で勝った時の気持ちよさはたまりませんでした」(男性・48歳)

「このゲームで格闘ゲームにハマり、ゲーセンにも通い詰めた」(男性・55歳)

【6位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース】

ゼルダの伝説 神々のトライフォース

 任天堂の名作アクションアドベンチャー「ゼルダの伝説」シリーズ3作目となる「神々のトライフォース」が6位に。見下ろし型のアクションですがキャラクターの表情や風景などが繊細に表現され、パズル的な要素が詰まったダンジョンも印象深い名作です。キャッチコピーは「目覚めよ、トライフォース」。

「ゼルダシリーズの中で一番好き。絶妙な仕掛けとアクションがとても面白い」(男性・51歳)

「謎解きも頑張れば必ず解ける難易度で、万人に優しい作り。アクションゲームとしても楽しめるし最高」(女性・33歳)

「謎解きが絶妙に面白く、プレイ中は寝ても醒めてもゼルダの伝説の事を考えていた。エンディングで感極まって泣いたゲームはこの1本だけです」(女性・60歳)