文春オンライン

「私を女と思ってないというか」夫は医師で、子は2人…それでも40歳女性が「AV出演」を決意したワケ

『人生を変えるセックス』 #6

2023/03/04

「ひょっとしたら元サヤに戻れるかな、という感情もありました」――長年、医師の夫と結婚生活を過ごしてきた舞(40歳・仮名)さんは、なぜ離婚を決意したのか?

 人生の酸いも甘いも噛み分けたレジェンドAV監督・代々木忠さん(84)の新刊『人生を変えるセックス 愛と性の相談室』より一部抜粋してお届けする。(全2回の2回目/前編を読む)

舞さん(40歳・仮名)が医師の夫との結婚生活を終わらせる理由とは? 写真はイメージです ©getty

◆◆◆

ADVERTISEMENT

Q 女性はどういうときに離婚を考えるのでしょうか?

回答「離婚をする人に共通するのは…」

 アダルトビデオに出る女性には、離婚を経験した人や検討中の人がたくさんいます。なので、離婚に至る原因を聞く機会もたびたびありました。置かれた状況はみんな違うし、理由も人それぞれではあるものの、多くの離婚に共通しているのは、夫が妻に、妻が夫に、本当の自分を出していないということです。

「ザ・面接」に出演した主婦の舞(40歳)は、出演理由をこう語りました。「出演料を離婚後の自立資金に充てたい」。聞けば2年前から離婚を考えているそうで、夫とは2年半セックスをしていないと言います。

 夫は医師。20年前、舞が准看護婦(現在は准看護師に改称)をしていたとき、同じ病院で知り合い、交際が始まって結婚したとのこと。出演時、彼女には思春期の子どもが2人いました。

 事前面接で催眠誘導のCDを聴いてもらったのですが、途中で舞は号泣しはじめ、とても聴いていられる状態ではなくなりました。催眠誘導によってトランスに入ると心のフタが開きます。フタが開いて出てきたものは、いったい何だったのか……。でも、彼女がそれについて話そうとしなかったので、僕もあえて訊きませんでした。

 こうして「ザ・面接」の撮影を終えてから、舞に興味が湧いた僕は別の作品でもう一度彼女を撮ろうとしていました。次はそのときのインタビューの一部です。

当時のインタビューの様子

──ビデオに出るとき、別れる決意というか決心はついてなかったの?

「ひょっとしたら元サヤに戻れるかな、という感情もありました」

──「ザ・面接」に出て、そのあと何本かやって、それで決心は固まったの?

「そうですね。なんかこの仕事が楽しかったんですね。今まで家にいたり、ちょっと気晴らしにパートに出てみたりしたんですけど、それよりこの世界って、自分が必要とされてなければ、お仕事ないじゃないですか。だから、自分の居場所というか存在価値みたいなのをそこに見いだしちゃって。だから家庭でダンナさんが私のことを必要としてるよりも、私をもっと必要としてる所があるんだっていうのを、最近じわじわ自覚しはじめて……」

──もう夫婦生活もなかったわけだよね。あなたのほうからは求めていかなかったんだ。

「拒否されると傷つくのは自分だったんで。傷つきたくなかったんですね。まぁ、そのうちチョッカイ出されるのかなって……。もし向こうから来たら拒むつもりはなかったんですよ」

──微妙だね。この夫婦の関係性というかさ。

「そうなんですよ。いずれはなくなるもんだとは思うんですね。ただ、私、40だから……」