文春オンライン

2023/05/15

genre : ライフ, , 社会, 歴史

駅に戻って…

 そんなわけで、岐阜駅に戻る。黄金の信長公が見下ろす駅前広場は、岐阜駅の北口だ。反対の南側(つまり“加納”側)にも足を向けてみよう。

 

 

 もちろん、こちらにも立派な駅前広場がある。バス乗り場もある。まっすぐ南に続く大通りもある。そしてさらにうろうろしていると……そう、知っている人は知っている、岐阜駅南西の一角には、中部地方最大の風俗街が広がっている。このエリア、金津園という。

ADVERTISEMENT

 

 金津園は、もともと明治の中頃に別の場所に開かれた金津遊郭がルーツだ。のちに移転していまの柳ヶ瀬商店街の西側に設けられた。柳ヶ瀬商店街は、その門前町のような形で発展していった側面もあるのだとか。

 その後も幾度かの移転を経て、1950年に紡績工場の跡地を利用する形で現在の場所にやってきた。岐阜という町を初めて訪れた人の印象を、ある意味で決定づけてしまうかもしれない金津園。ここにもまた、“岐阜駅に向かって”の発展を続けた岐阜の町の歴史が眠っているのである。

写真=鼠入 昌史

その他の写真はこちらよりぜひご覧ください。

名古屋からわずか20分…“ナゾの織田信長の駅”「岐阜」には何がある?

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー