文春オンライン

スターと暮らせば

3ヶ月で12キロ減量、23歳で芸能界入り…「これじゃあ通用しないよな」阿部祐二の娘・桃子氏(29)が感じた“カルチャー・ショック”

阿部桃子さんインタビュー #2

2023/06/03

genre : エンタメ, 芸能

note

父の「芸能活動反対」という考えに変化が

ーー「ユニバースが終わった瞬間からゴルフをやろうとは思っていました」とおっしゃっていましたが、ミス・ユニバースでの受賞後に芸能界へ進まれていますよね。

阿部 ユニバースの後に、父と一緒にいろいろと出るようになって、自然とそうなっていったというか。

 当初は、ゴルフと芸能活動の、両方をやっていたんです。ただ、ゴルフも芸能も甘い世界じゃないから、自分のなかで両方は無理だなと思っての決断でした。「いまの自分では両方なんてできないし、どちらにも失礼になる」といった気持ちですね。

ADVERTISEMENT

 お仕事をいただいている以上は、まずは芸能のほうを一生懸命やりたかったので。それと、父と仕事をして、すごく楽しかったのもありました。父のほうも楽しかったようで、芸能活動には反対という考えは変わっていきましたね。

 

再びゴルフに向き合うように

ーー現在は、再びプロゴルファーを目指して活動していますが。

阿部 ゴルフ番組に呼んでいただけることが多くなったんです。ゴルフの練習も続けていて、練習をしているとアマチュアの試合に出たい気持ちも湧き上がってきて。何回か出場してみたら、すっごいゴルフが楽しかったんですよ。それでどんどん練習しているうちに、もしやらせてもらえるならプロを目指そうかなと。

ーー自然にゴルフをやる方向に流れていくのと、自らの意思でゴルフをやろうと進んでいくのは、やはり違うものですか。

阿部 ぜんぜん違います。小さい頃は母とだったので、やらされているという意識がどうしても強くて。さきほども話しましたけど、中高のときは母とぶつかることも多くて、泣きそうになると「コースで泣くな!」と言われるのでトイレにこもって「悲しい~、悔しい~」って泣いていたので。

 でも、いまは本当に自分がゴルフをやりたいから、自分から母に質問もするし、自分で考えて体を作っているし、すべてにおいて自発的に行動できていますね。以前は母を「コーチ」か「先生」と呼んでましたけど、ここ最近は「お母さん、こうでさ」って普通の母娘らしく話をすることもできているし。

関連記事