文春オンライン

スターと暮らせば

3ヶ月で12キロ減量、23歳で芸能界入り…「これじゃあ通用しないよな」阿部祐二の娘・桃子氏(29)が感じた“カルチャー・ショック”

阿部桃子さんインタビュー #2

2023/06/03

genre : エンタメ, 芸能

note

 2017年ミス・ユニバースでBest National Costume Awardを受賞し、現在はモデル、タレントとして活躍する阿部桃子(29)。

 「事件です!」の決め台詞で知られるテレビリポーターの阿部祐二(64)を父に、プロゴルファーの阿部まさ子(62)を母に持つ彼女にミス・ユニバースに挑んだ経緯、ミスコンテストの世界での体験、一度は離れていたゴルフに再び向き合うようになった理由などについて、話を聞いた。

阿部桃子さん

◆ ◆ ◆

ADVERTISEMENT

ゴルフを一旦やめ、3ヶ月で12キロ減量

ーー阿部さんは、日本代表として“2017ミス・ユニバース”に出場して、Best National Costume Awardを受賞しています。ゴルフに打ち込むなかで、ミス・ユニバースに挑んだわけですか?

阿部桃子(以下、阿部) 2007年、私が13歳のときに、日本代表だった森理世さんがミス・ユニバースで優勝されたんです。それをたまたまテレビで見ていて「私、やってみたい」と思ったんですけど、応募できるのは18歳からで。

 18歳になって、母に「やりたい」と言ったら「まだゴルフもやりきってないし、学業も残っている。4年後に大学を卒業するときに、まだやりたいようだったらちゃんと話をしましょう」って。

 私の気持ちはまったく変わらなくて、4年後の大学を卒業するタイミングで母にまた話したら「そんなにやりたいなら、やってみたら」と背中を押してくれたんです。それで、23歳で “2017ミス・ユニバース・ジャパン” の大会に応募しました。

ーーミス・ユニバースは、10年越しの夢だったと。ミス・ユニバースに挑戦する間は、さすがにゴルフはやれませんよね。

阿部 そうですね。一時的に休むけど、ユニバースが終わった瞬間からゴルフをやろうとは思っていました。

ーー応募してからは何をしましたか。

阿部 まずは、ゴルフ焼けが気になりましたね。みんなの応募写真と見比べていたら「焼けてるな」って思ったのと、とりあえず、手袋焼けと靴下焼けが凄かったので、それを消さなきゃって。その次に、ちょっと線が太いなとも感じるようになって、水着審査もあるから痩せようと。応募してから千葉代表の審査の間の3、4ヶ月で12キロ減量しました。

 

ーーゴルフをやっていたことが、体型などにも影響していたのでしょうか。

阿部 ゴルフをやると、どうしても下半身に筋肉が付いちゃうんですよね。なので、見た目のバランスも変えなきゃいけないなって。

 まず、食べるものを180度ぐらい変えましたね。「炭水化物、炭水化物」だったのを、いきなり「たんぱく質、たんぱく質」にするという感じ。

関連記事