文春オンライン

御徒町の立ち食いそば屋で絶品「冷しゲソ天そば」を…元ラーメン屋店主が作る、唯一無二の「鶏だしつゆ」の味は?

2023/06/20

「かき揚そば」は春菊と紅生姜がきれいに飾られたかき揚がのる人気メニューだ。

「ゲソ天そば」はゲソがゴロゴロ入ったかなり大きめのゲソ天がのる。日暮里「一由そば」のゲソほどは硬くない。

 また、鶏だしということで当然「カレー」がうまいと評判である。そばと一緒に注文できる「ミニカレー」(250円)はスパイスと鶏だしの香りが利いた全然ミニじゃないサービス品である。

ADVERTISEMENT

「かき揚そば」(460円)は春菊と紅生姜がきれいだ
「ゲソ天そば」(530円)はゲソ天が大きい
ミニとは思えない「ミニカレー」(250円)

 

「鶏だしつゆ」には生姜がよく合う

 さて、「鶏だしつゆ」に最初に出会った時のことを少し紹介しようと思う。最初に食べたのは「ゲソ天そば」だったのだが、その温かいつゆをひとくちのんだ時の印象は次のようなものであった。

・鶏だしと鰹節系のだしはよく合うし、まったく違和感はない。

・鶏だしはふくよかな丸味があって上品な味である。

・薬味の生姜を溶いて飲むと、味の輪郭がしっかりしてくる。

・生姜と鶏だしと濃口醤油の要素が調和した味である。

 JR中野駅前にある立ち食いそば屋「かさい」でも薬味の生姜が大人気だ。大衆うどん店でも薬味に生姜を出すところも多い。しかし、「鶏だしつゆ」の店はここだけである。

 そばは大手製麺所のやや太めの茹麺を使用しているが、コシもあり「鶏だしつゆ」との相性がなかなかよい。